ビジネス 読書メモ

竹内 正浩 「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」(東洋経済新報社、2012)

投稿日:

内向型人間の生き方の参考になるのではと手に取りました。発刊が2012年と10年前に出ているのがすごいです。その頃はまだ内向型という言葉は今ほどには普及していなかっただろうと思います。ですからタイトルは内向型ではなく「おっとりした人」なんですね。

おっとり型で年収3千万円稼いでいる人の共通点を本書では紹介してくれていますが、その答えが「経験」と「人脈」で、それは外向型人間も同じじゃないのと、正直がっかりしました。人脈を築くのが苦手だから内向型人間なのだと思います。

ただ、本書にあるように、人は周りにいる人に影響されるそうなので、自分の理想に近い人を探して、その人たちとコミュニケーションを図っていければいいなと思いました。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

岩波明「大人のADHD」(筑摩書房 2015)

職場に異動されて来られた方が、落ち着きがなく、もしやADHD(注意欠如・多動症)なのではと思い、ADHDの概略を知るために読みました。 ADHDについてまとめて書かれてはいますが、ADHDの方の周りに …

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。 学びの技法については、メンタリス …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文春文庫、2018)

財務会計の大切さがよく分かる本でした。帳簿がいいかげんな組織はいずれ破綻します。メディチ家でもルイ14世以降のフランスでもエンロンも、帳簿を無視した経営をし始めると大変なしっぺ返しを食らわされるのです …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …