IT 読書メモ

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

投稿日:

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味のようです。これは1社が頑張っても実現が難しくて、取引先とか行政も変わらないと、変われません。テレワークを導入して他社と打ち合わせをしようと思っても、他社がZOOMのようなものが使えないと打ち合わせができないのです。DXが進めば社会の効率化が図れますが、コストの問題もありますし、中小企業とかを考えると、課題もたくさんありそうです。

印象に残っている所は、「程度の問題」というところです。何事も絶対に正しいということはありません。そこから出発して考えようということです。例えば、福島に原発が建てられた時、絶対に安全なので避難訓練はしなくていいという判断をしたため、津波のときに逃げ遅れたところもあったようです。コロナ禍でマスクをつけることにしても、いつもつけていればいいというものでもありません。夏はマスクをつけることで熱中症になるのであれば、はずした方がいい場合もあります。これが「程度の問題」なのです。世の中は単純ではなく複雑です。状況に応じて何が重要なのか臨機応変に考えていかなくてはならないのです。私はゼロヒャク思考が強くて、思い込みが激しいので、この「程度の問題」が大変ためになりました。

-IT, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

浅田 すぐる「早く読めて、忘れない、思考力が深まる 「紙1枚!」読書法」

期待以上の内容の本でした。本の読み方、紙へのまとめ方が具体的に書かれています。また選書の仕方も書かれており、何冊もおすすめの本が紹介されますので、何を読んでいいのか分からない方は、参考になると思います …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

堀江貴文「最大化の超習慣 「堀江式」完全無欠の仕事術」(徳間書店)

堀江さんのいつも主張されていることが書かれていますが、あらためて本として読むと、また違った趣があってよいです。堀江さんのように貯金をしないで、あり金を好きなことに全部使うことは、私にはできませんが、そ …