メンタル 健康 読書メモ

ジョンJ.レイティ・エリック・ヘイガーマン「脳を鍛えるには運動しかない!」(NHK出版)

投稿日:

健康を維持するには運動した方がいいと誰でもわかっています。健康診断の問診票にも、1日30分の運動を週3回以上してますかと、書いてあったりする。けれどもなかなか運動を習慣化できない人が多いと思います。

そんなあなたでも、この本を読めば、運動をせずにはいられなくなるかもしれません。何しろ、運動すれば脳細胞が増えますし、脳内ホルモンが適切な量に調整され、不安やうつにも効果があるのです。心拍数を上げた有酸素運動をすると効果が高いですが、強度が低い運動でもやらないよりは、はるかにましで、少しの運動でも効果があります。

デスクワークで働く人が多くなって、現代人は動く必要がなくなってきました。それは生物の人間としては、すごく不自然です。太古の昔は歩き回って食料を探していたのですから。運動することで脳が最適化されていたのなら、運動しないで脳をさび付かせてしまうなんて、こんなにもったいないことはありません。

この本を読んで、もっと体を動かさねばと強く思いました。まとまった時間がなかなか取れないので、せめて歩くときは早歩きで、なるべく心拍数を上げるようにしました。少し疲れますが、以前よりも仕事に積極的に取り組めてる気がします。

この本を読んでみんな運動するようになれば、みんなもっと生き生きとした人生を送れるようになるし、そもそも人間はもっと生き生きして生きていたのではないかと思いました。

-メンタル, 健康, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

島本理生「ファーストラヴ」

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。 父殺しの背景には虐待という問題が …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。 仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていな …