スモールビジネス ビジネス メンタル 読書メモ

堤ゆかり「もう内向型は組織で働かなくてもいい」(世界文化社)

投稿日:

著者の「内向型を直さず活かす」との主張には大賛成です。私自身、外向的にならなきゃと何度も思ったり、無理したりしてきましたが、自分を変える努力をするよりも、自分を活かすことに目を向けた方がよっぽど、自分のため、そして人のためになる気がします。

組織ではそこそこに働いて、副業を持つといったことや、うまくやれば、ネットやSNSを使って稼ぎ、生活できるような時代になりました。内向型人間でも活躍できる環境が整ってきているのです。

本書ではクラウドワークスや、ココナラといった内向型でも稼げる方法が紹介されています(みんな知ってる内容かもしれませんが)。試したことがない方は参考になると思います。

組織に就職してみて、違和感を感じておられる方におすすめです(特に女性)。

-スモールビジネス, ビジネス, メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

野々木宏・福井次矢「狭心症・心筋梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)」(法研)

狭心症・心筋梗塞についての基礎知識を学べました。家族が心筋梗塞で倒れた方は、心筋梗塞がどのような病気かよく理解できると思います。 巻末に全国の循環器系の病院のリストがついているのは、よかったですが、一 …

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …