スモールビジネス ビジネス メンタル 読書メモ

堤ゆかり「もう内向型は組織で働かなくてもいい」(世界文化社)

投稿日:

著者の「内向型を直さず活かす」との主張には大賛成です。私自身、外向的にならなきゃと何度も思ったり、無理したりしてきましたが、自分を変える努力をするよりも、自分を活かすことに目を向けた方がよっぽど、自分のため、そして人のためになる気がします。

組織ではそこそこに働いて、副業を持つといったことや、うまくやれば、ネットやSNSを使って稼ぎ、生活できるような時代になりました。内向型人間でも活躍できる環境が整ってきているのです。

本書ではクラウドワークスや、ココナラといった内向型でも稼げる方法が紹介されています(みんな知ってる内容かもしれませんが)。試したことがない方は参考になると思います。

組織に就職してみて、違和感を感じておられる方におすすめです(特に女性)。

-スモールビジネス, ビジネス, メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

島本理生「ファーストラヴ」

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。 父殺しの背景には虐待という問題が …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

金井高志「民法でみる商法・会社法」(日本評論社)

商法についておおまかなことを知りたいと思って、kindleで探してみたのですが、なかなか入門書的なものがなくて、仕方なくこの本を手にしてみました(基本kindleでしか本を買わない)。 法律を学んでい …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …