IT 読書メモ

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

投稿日:

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについては普通だと思っていましたが、まったく話にならないほど、分かっていないことに気づかされました。

最近Kindle出版の本を読んで、中身がなさ過ぎて、しばらくKindle出版の本を読むのをやめようかと思っておりました。気が付くとこの本もKindle出版でした。おかしいなと著者の高橋麻奈さんについてネットで検索してみると、過去に出版社勤務経験があるようでした。どおりで本らしい本になっているわけだ。

本書にはIT用語が次々と出てきますので、今後も辞書代わりにちょくちょく、確認できたらと思います。

-IT, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

ポール・ドーラン「幸せな選択、不幸な選択」(早川書房 2015)

学者の方が書かれていて、文章に硬い印象を受けました。著者は幸せを快楽とやりがいと定義しています。人それぞれ、自分にあった快楽とやりがいのバランスをとると、幸せになれるのかもしれません。

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …