IT 読書メモ

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

投稿日:

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについては普通だと思っていましたが、まったく話にならないほど、分かっていないことに気づかされました。

最近Kindle出版の本を読んで、中身がなさ過ぎて、しばらくKindle出版の本を読むのをやめようかと思っておりました。気が付くとこの本もKindle出版でした。おかしいなと著者の高橋麻奈さんについてネットで検索してみると、過去に出版社勤務経験があるようでした。どおりで本らしい本になっているわけだ。

本書にはIT用語が次々と出てきますので、今後も辞書代わりにちょくちょく、確認できたらと思います。

-IT, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。 仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていな …

エーリッヒ・フロム「愛するということ」(紀伊國屋書店)

たまには哲学系の本でも読んで見ようかなと思い、人気がある本書を手に取ってみました。一般向けに書かれているのですが、凡人の私には精緻すぎて理解が追い付かないところもありました。それでも読んでよかったと思 …

桂「結婚するのはやめました」

事実だけをきくと暗い印象になるところ、著者の明るさがそれを打ち消していて、読後感がよかったです。 婚活パーティーや結婚相談所で8年間を費やし、晴れて成婚退会までできたものの、結局は結婚しないことを決意 …

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …