ビジネス 読書メモ

大前研一「稼ぎ続ける力」

投稿日:2022年1月6日 更新日:

大前研一さんの本をはじめて読みました。政治とか経済を批判するだけではなくて、対案をきちんと書いている所に好感が持てました。ただ著者は家でゴロゴロして犬の散歩するのが好きな人を否定していて、「生ける屍」と呼んでいました。「生ける屍」でも、人生後悔しない人はいると思うし、いてもいいとも思います。

本書のテーマである稼ぎ続ける力については、定年までに月15万円稼げる力をつけようという内容でした。具体的な方法を提案されているのですが、どれも片手間で始められそうな気がしなくて、ハードルが高く感じました。

さまざまなことについて触れていて、いろいろなことに興味をもつことも楽しそうだなと思いました。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。 まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪 …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …