読書メモ

武田友紀「「繊細さん」の本」

投稿日:

HSP(繊細な人)に元気になってもらえるよう書かれた本です。アドバイスが具体的なので、自分に合ったものからすぐに試して実行できるでしょう。

著者はHSPカウンセラーで自身もHSPでいらっしゃいます。自身の体験も書かれており、女性向けと感じるところが多かったです。

気配りし過ぎで疲れてしまう人、一人になって心を休ませたい時がある人にぜひお薦めします。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …

アレクサンドル・デュマ「三銃士」

180年も前に書かれた外国の小説なのに、今読んでも面白くて仕方がありません。不朽の名作です。 流行りのドラマ・マンガ・映画に見飽きた人は、たまには古典作品に親しむのもいいのではないでしょうか。 舞台は …

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …