読書メモ

川北 稔「砂糖の世界史」

投稿日:

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。

学生の時は日本史を選択していたので、世界史はほとんど知らない私でも読めました。世界史になじみがない人にこそ読んでもらいたいです。

砂糖の世界史には、日本史にはないダイナミックな展開があります。アフリカで奴隷を調達して、砂糖の栽培に適した熱帯のカリブ海の植民地で働かせて、生産した砂糖をヨーロッパに運んで消費するのです。

砂糖は今ではありふれていますが、昔は貴重なもので、ステータスシンボルでした。イギリスでは、同じく貴重だった茶に砂糖を入れることで、ステータスを誇示したようです。私は紅茶に砂糖を入れて飲むのが好きですが、紅茶に砂糖を入れて飲み始めたきっかけが、おいしさを求めたものではなかったことに驚きました。

著者はイギリス近世・近代史を専門とする歴史学者です。フランス人はワインを飲むので紅茶に砂糖は流行りませんでした。イギリス史がご専門な方だからこそ、砂糖の世界史を書かれたのかと感じました。

軽い気持ちで読み始めたのですが、時代が変われば、砂糖に対する扱われ方も違ってくることを知れておもしろかったです。自分が生きてきた経験だけを信じがちですが、たまたま今の状況がそうなだけで、過去の時代の人は違った考え方をしてて、将来も変わるかもしれないと思うと柔軟な考え方ができそうです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。 仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていな …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

伊藤真「伊藤真の刑法入門」(日本評論社、2018)

刑罰を厳しくしすぎると、自分も罰せられる可能性が高くなりますし、かといって、刑罰が緩いと、自分が被害者になる可能性が高くなります。ではどのように折り合いをつけていけばよいのかという問題がある、そんなと …