読書メモ

川北 稔「砂糖の世界史」

投稿日:

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。

学生の時は日本史を選択していたので、世界史はほとんど知らない私でも読めました。世界史になじみがない人にこそ読んでもらいたいです。

砂糖の世界史には、日本史にはないダイナミックな展開があります。アフリカで奴隷を調達して、砂糖の栽培に適した熱帯のカリブ海の植民地で働かせて、生産した砂糖をヨーロッパに運んで消費するのです。

砂糖は今ではありふれていますが、昔は貴重なもので、ステータスシンボルでした。イギリスでは、同じく貴重だった茶に砂糖を入れることで、ステータスを誇示したようです。私は紅茶に砂糖を入れて飲むのが好きですが、紅茶に砂糖を入れて飲み始めたきっかけが、おいしさを求めたものではなかったことに驚きました。

著者はイギリス近世・近代史を専門とする歴史学者です。フランス人はワインを飲むので紅茶に砂糖は流行りませんでした。イギリス史がご専門な方だからこそ、砂糖の世界史を書かれたのかと感じました。

軽い気持ちで読み始めたのですが、時代が変われば、砂糖に対する扱われ方も違ってくることを知れておもしろかったです。自分が生きてきた経験だけを信じがちですが、たまたま今の状況がそうなだけで、過去の時代の人は違った考え方をしてて、将来も変わるかもしれないと思うと柔軟な考え方ができそうです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

武田友紀「「繊細さん」の本」

HSP(繊細な人)に元気になってもらえるよう書かれた本です。アドバイスが具体的なので、自分に合ったものからすぐに試して実行できるでしょう。 著者はHSPカウンセラーで自身もHSPでいらっしゃいます。自 …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。 フローというのは何かに没頭したり夢中になっていた …

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …