読書メモ

村井俊哉「統合失調症」

投稿日:

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなければならないからだ。そのころ病気を持った家族の状況も悪く、私は遠く離れたところに住んでいたが、問題が大きすぎて、家族が統合失調症であることと向き合うことができずにいた。

時間が解決してれることは確かにあり、ようやく再度この問題と向きあう心の余裕ができ、本書を手に取ってみた。

10年前に読んだ本はどれも専門的な内容で難しく感じたが、本書は病気について広範かつ平易かつ客観的に書かれており、当時より医学的にこの病気について分かってきたことがあるにせよ、当時読んでいれば、この病気をそれほど恐れていなかっただろう。

病気については分からないことだらけであるが、現在有力な「異常セイリエンス仮説」は説得力があった。セイリエンスとは顕著性と訳されたりする意味で、生活の中で様々な音や色に囲まれているが、一つ一つを気にしたりはしない。一部だけに注意を向けている。この注意の向きやすさ、目立ちやすさをセイリエンスと呼ぶ。このセイリエンスはドパミン神経系に関わっていて、ドパミンの神経系の働きが過剰になると、例えばささいな音が大きく目だち、大きな意味を持つ音として感じてしまう。これが幻覚や妄想につながっていく(詳しくは本書を参考にされたい)。

統合失調症は精神疾患の中では重症な病気であり、病気を持つ家族は大変な苦労をされていると思う。ご家族の方にはぜひ本書で正しい知識を確認していただきたいし、この病気に対する偏見があるため、この病気のことを知らない多くの方にもぜひ読んでいただきたい。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

竹内 正浩 「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」(東洋経済新報社、2012)

内向型人間の生き方の参考になるのではと手に取りました。発刊が2012年と10年前に出ているのがすごいです。その頃はまだ内向型という言葉は今ほどには普及していなかっただろうと思います。ですからタイトルは …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …

小島 寛之「統計学入門」(ダイヤモンド社 2006)

確率とか統計学で難しいところは省いて、重要なところを中学数学のみで説明してくれた良書。kindleでは図と数式をうまく読み上げてくれないので、聞く読書では理解が進まないところが多々あったが、それでも統 …