読書メモ

村井俊哉「統合失調症」

投稿日:

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなければならないからだ。そのころ病気を持った家族の状況も悪く、私は遠く離れたところに住んでいたが、問題が大きすぎて、家族が統合失調症であることと向き合うことができずにいた。

時間が解決してれることは確かにあり、ようやく再度この問題と向きあう心の余裕ができ、本書を手に取ってみた。

10年前に読んだ本はどれも専門的な内容で難しく感じたが、本書は病気について広範かつ平易かつ客観的に書かれており、当時より医学的にこの病気について分かってきたことがあるにせよ、当時読んでいれば、この病気をそれほど恐れていなかっただろう。

病気については分からないことだらけであるが、現在有力な「異常セイリエンス仮説」は説得力があった。セイリエンスとは顕著性と訳されたりする意味で、生活の中で様々な音や色に囲まれているが、一つ一つを気にしたりはしない。一部だけに注意を向けている。この注意の向きやすさ、目立ちやすさをセイリエンスと呼ぶ。このセイリエンスはドパミン神経系に関わっていて、ドパミンの神経系の働きが過剰になると、例えばささいな音が大きく目だち、大きな意味を持つ音として感じてしまう。これが幻覚や妄想につながっていく(詳しくは本書を参考にされたい)。

統合失調症は精神疾患の中では重症な病気であり、病気を持つ家族は大変な苦労をされていると思う。ご家族の方にはぜひ本書で正しい知識を確認していただきたいし、この病気に対する偏見があるため、この病気のことを知らない多くの方にもぜひ読んでいただきたい。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …