未分類

小説「宝島」に見る「GIVE & TAKE」の人に貢献できていることの実感について

投稿日:

アダム・グラントの「GIVE & TAKE」を読んでいて、ある事例が紹介されていた。アメリカの荒れた学校に、若くてやる気のある若い女性教師が赴任した。その学校はそもそも授業に来てくれない生徒がいたり、麻薬にかかわる生徒がいたりして、教育外の仕事が多くて大変な所だった。それで彼女も疲れ切ってしまう。そんな時に彼女は優秀なのに家庭の事情で進学できない生徒の支援をする活動を週末にし始める。支援をすれば生徒が応えてくれるという実感があって、仕事量は増えているはずなのに彼女は回復する、そんな話だ。

で、たまたま真藤順丈の「宝島」を読んでいたら、似たような箇所があった。晴れて教師となることができたヤマコがさっそく小学2年生を受け持つことになった。自信があって臨んだものの、間違いが多かったり、感情的に叱ってしまったり、思い描いていた教師生活とはかけ離れていてすっかり落ち込んでいた。そんなとき学校からの帰り道に孤児たちに会い、教育が受けられない彼らに童話の読み聞かせを始めた。すると孤児たちは彼らなりに聞いて喜んでくれた。それが嬉しくて、元気が出て、学校での授業も頭でっかちな教え方をやめるようになり、生徒ともうまくいきだした。

たまたま読んでいたジャンルの違う本に書かれていたことが、偶然重なっていたので驚きました。こんなこともあるものですね。

自分がしていることの効果が実感できないのに頑張りすぎてしまう、そういうときに燃え尽きてしまう。忙しく働いたから燃え尽きるのではない。忙しくても自分が貢献していることが誰かの役に立っているという実感があるのなら消耗しないで元気が出る!アダム・グラントはそんなことを伝えております。

私も昔ブラックな職場で長時間労働をし、燃え尽きましたが、確かに自己犠牲を払っている割に、その効果が見えにくかった部分はあります。あの時、何かもっと効果が分かりやすいボランティアでもしていればよかったのかも。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

腐ったスポンジは熱湯で消毒!

夕飯の食器を洗ったスポンジの水を切るのを忘れてたので、洗剤が付いたまま乾いた。翌日、臭うので水で洗うのだが、なかなか臭いが取れない。掃除で困ったら「熱湯」という、オリジナルフレーズが思い浮かび、熱湯を …

no image

「鬼滅の刃」(吉原編 71話~97話)の感想

無限列車編の続きが知りたくて、コミック買って読み進めてみた。次の舞台は吉原で、少年向けマンガだけど、世間的には許されているみたい。勝手に吉原編として分類してみた。 ここでの敵は兄妹で妹が花魁。対する味 …

no image

スマホ料金を見直し、月3,000円節約できた

大前研一さんの「日本の論点 2022~23」を読んでいたら、お金に余裕があってスマホ代を気にしない「富裕層鈍感層」について書かれていた。私は富裕層ではないが、スマホ代の見直しを放置し続けていたので、こ …

no image

ブラタモリ #167 網走

網走で思い浮かぶのは、刑務所と小説家の安部譲二ぐらい。テーマは「“最果ての地“網走は“理想の地“」ということでした。 タモさん一行はまず刑務所を訪れます。この刑務所は当時は最先端で、ヨーロッパの近代思 …

no image

アニメ「鬼滅の刃」1期 見た感想

映画「鬼滅の刃」が空前のヒットをしているらしい。「千と千尋の神隠し」の記録を塗り替えるほどであれば、見ないわけにはいかない。アニメは鬼殺隊に入るところまでは見ていたけど、大体内容が分かったので途中で見 …