読書メモ

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

投稿日:

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。

位置No.31

脳内の快感は、食欲や性欲といったもっとも基本的な生理的欲求より強かったのです。

位置No.211

自分へのご褒美は、空腹や喉の渇きなどいろいろな辛さに耐えて頑張ったときにも働く必要がありますから、時には生理的欲求にさえ、打ち勝つように作られています。

位置No.211

報酬系とは、脳の1つの場所にあるものではなく、様々な機能を持った脳の各部のネットワークなのです。

位置No.315

報酬系はシロップという「利益そのもの」に反応して活性化されるだけではなく、緑の光という「利益の予告」にも反応するということです。

位置No.1309

ヒトはお金をもらうときだけではなく、他人から褒められたり良い評判を得たりすることも報酬と感じるのです。

位置No.1359

社会的報酬と金銭的・生理的報酬が脳の同じ部分で評価されているという事実は、これらが交換可能であることを示します。非常に単純化してしまうと「お金」で「友情」や「愛情」が買えるということです。逆に、「愛情」を「お金」に換えることもできます。

位置No.1402

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …

竹内 正浩 「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」(東洋経済新報社、2012)

内向型人間の生き方の参考になるのではと手に取りました。発刊が2012年と10年前に出ているのがすごいです。その頃はまだ内向型という言葉は今ほどには普及していなかっただろうと思います。ですからタイトルは …

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

小島 寛之「統計学入門」(ダイヤモンド社 2006)

確率とか統計学で難しいところは省いて、重要なところを中学数学のみで説明してくれた良書。kindleでは図と数式をうまく読み上げてくれないので、聞く読書では理解が進まないところが多々あったが、それでも統 …