読書メモ

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

投稿日:

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者の動画がおススメに出てきて、見てみると国際ニュースの解説もあり、ニュース代わりに動画を見てて、過去動画で初心者向けの投資解説もしており、動画と内容は同じでもいいやと、投資について学ぶべくこの本を読んで見ました。

著者は投資を長期と短期で分けており、長期は余剰資産を「株等」「預金・国債等」「商品」に分けて、毎月積み立てて行くことを勧めています。銀行に預けていても利息はほとんどありませんから、ETFというリスクを分散した上場投資信託で積立ていけば、値下がりのリスクは全くないわけではありませんが、複利の効果があるので長期的にはプラスに働きます。また「株」が下がっているときは、「商品」が上がる傾向もあり、資産を分散して持つことでバランスが保たれます。

早速少額で著者のおススメを参考にETFを20種類ほど購入してみました(中には日本の証券会社で取り扱っていないものもあり)。初めてで慣れないせいか大変でした。もし今後も3日坊主にならずに続けていけたら、中級者向けの短期投資もしてみたいです。こちらはチャートの見方とか細かいことがたくさん書かれていました。所詮YouTuberの本だから中身が薄いと思っていた以上の内容が書かれていました。

著者は日本とアメリカのハーフでウォール街で働いていた経験もあります。投資に興味がある方は読んで損はありません。まずはYouTubeでどんな感じか見るのもいいと思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

武田友紀「「繊細さん」の本」

HSP(繊細な人)に元気になってもらえるよう書かれた本です。アドバイスが具体的なので、自分に合ったものからすぐに試して実行できるでしょう。 著者はHSPカウンセラーで自身もHSPでいらっしゃいます。自 …

伊藤真「伊藤真の民法入門」

民法の大事な部分が分かりやすく読みやすく書かれています。 これから試験勉強するわけではないのですが、民法の普通のテキストから読まなくて正解でした。細かいところがたくさんありきっと嫌になっていたと思いま …