読書メモ

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

投稿日:

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者の動画がおススメに出てきて、見てみると国際ニュースの解説もあり、ニュース代わりに動画を見てて、過去動画で初心者向けの投資解説もしており、動画と内容は同じでもいいやと、投資について学ぶべくこの本を読んで見ました。

著者は投資を長期と短期で分けており、長期は余剰資産を「株等」「預金・国債等」「商品」に分けて、毎月積み立てて行くことを勧めています。銀行に預けていても利息はほとんどありませんから、ETFというリスクを分散した上場投資信託で積立ていけば、値下がりのリスクは全くないわけではありませんが、複利の効果があるので長期的にはプラスに働きます。また「株」が下がっているときは、「商品」が上がる傾向もあり、資産を分散して持つことでバランスが保たれます。

早速少額で著者のおススメを参考にETFを20種類ほど購入してみました(中には日本の証券会社で取り扱っていないものもあり)。初めてで慣れないせいか大変でした。もし今後も3日坊主にならずに続けていけたら、中級者向けの短期投資もしてみたいです。こちらはチャートの見方とか細かいことがたくさん書かれていました。所詮YouTuberの本だから中身が薄いと思っていた以上の内容が書かれていました。

著者は日本とアメリカのハーフでウォール街で働いていた経験もあります。投資に興味がある方は読んで損はありません。まずはYouTubeでどんな感じか見るのもいいと思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

船山信次「毒と薬の世界史」(中公新書 2008)

毒と薬についての歴史が断片的に書かれています。個々の歴史をつなげられるともっと面白かったと思います。著者は歴史の専門家ではないため、そこまでは求められません。 驚いたのは抗生物質(ペニシリン)が発見さ …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …

勝間和代「勝間式 金持ちになる読書法」

分かりやすくて面白くてどんどん読み進められました。 内容としましては、本というのは、出版社の方が中身を確認しているので、ネットの記事よりも品質が高い。テレビはスポンサーの意向があるし、視聴者受けする内 …

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …