読書メモ

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

投稿日:

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。

江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめです。

浄瑠璃作家、近松半二が両親や幼馴染、ライバル作家、頑固な人形遣い、奥さんなどを交えながら最終的に「妹背山婦女庭訓」を完成させ大ヒットさせる物語になります。

私は作品作りをしているわけではないですが、半二は作家なので、創作のヒントになることが書かれているのが面白かったです。

たとえば、半二は浄瑠璃を書くとは、「この世もあの世も渾然となった渦のなかで、この人の世の凄まじさを詞章にしていく」と考えるようになります。現実と空想がごちゃまぜになっているところから、新しい作品が生まれるのです。

著者の大島真寿美さんは高校生の時から脚本を書いていたそうですが、小説家に転身されたそうです。どうりで文章がせりふなわけだ。逆に大島さんが書くドラマを見てみたくなりました。

ドラマが好きな女性にもおすすめです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …