読書メモ

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

投稿日:

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。

江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめです。

浄瑠璃作家、近松半二が両親や幼馴染、ライバル作家、頑固な人形遣い、奥さんなどを交えながら最終的に「妹背山婦女庭訓」を完成させ大ヒットさせる物語になります。

私は作品作りをしているわけではないですが、半二は作家なので、創作のヒントになることが書かれているのが面白かったです。

たとえば、半二は浄瑠璃を書くとは、「この世もあの世も渾然となった渦のなかで、この人の世の凄まじさを詞章にしていく」と考えるようになります。現実と空想がごちゃまぜになっているところから、新しい作品が生まれるのです。

著者の大島真寿美さんは高校生の時から脚本を書いていたそうですが、小説家に転身されたそうです。どうりで文章がせりふなわけだ。逆に大島さんが書くドラマを見てみたくなりました。

ドラマが好きな女性にもおすすめです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …

伊藤真「伊藤真の民法入門」

民法の大事な部分が分かりやすく読みやすく書かれています。 これから試験勉強するわけではないのですが、民法の普通のテキストから読まなくて正解でした。細かいところがたくさんありきっと嫌になっていたと思いま …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …