読書メモ

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

投稿日:

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。

江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめです。

浄瑠璃作家、近松半二が両親や幼馴染、ライバル作家、頑固な人形遣い、奥さんなどを交えながら最終的に「妹背山婦女庭訓」を完成させ大ヒットさせる物語になります。

私は作品作りをしているわけではないですが、半二は作家なので、創作のヒントになることが書かれているのが面白かったです。

たとえば、半二は浄瑠璃を書くとは、「この世もあの世も渾然となった渦のなかで、この人の世の凄まじさを詞章にしていく」と考えるようになります。現実と空想がごちゃまぜになっているところから、新しい作品が生まれるのです。

著者の大島真寿美さんは高校生の時から脚本を書いていたそうですが、小説家に転身されたそうです。どうりで文章がせりふなわけだ。逆に大島さんが書くドラマを見てみたくなりました。

ドラマが好きな女性にもおすすめです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。 まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪 …

サン・テグジュペリ「星の王子様」

落ち込んだ時にこの本を読むという人の話を聞いて、いつか読もうと思っていながら、ずっと手にしなかったこの本をとうとう読みました。 挿絵がかわいいし、子供も読める内容ですが、大人に向かって書いていると感じ …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …