「 歴史 」 一覧

船山信次「毒と薬の世界史」(中公新書 2008)

2022/03/31   -歴史, 科学, 読書メモ

毒と薬についての歴史が断片的に書かれています。個々の歴史をつなげられるともっと面白かったと思います。著者は歴史の専門家ではないため、そこまでは求められません。 驚いたのは抗生物質(ペニシリン)が発見さ …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文春文庫、2018)

2022/03/13   -会計, 歴史, 読書メモ

財務会計の大切さがよく分かる本でした。帳簿がいいかげんな組織はいずれ破綻します。メディチ家でもルイ14世以降のフランスでもエンロンも、帳簿を無視した経営をし始めると大変なしっぺ返しを食らわされるのです …

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

2022/01/30   -会計, 歴史, 読書メモ

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

2022/01/16   -歴史, 読書メモ

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …