読書メモ

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

投稿日:

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。

仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていない問題を抱えているとします。そんな人におすすめです。

この本では、スポーツ選手、芸術家、科学者など、優れた業績を上げている人を例に挙げ、隔たった知識や経験ではなく、様々な知識や経験が画期的なアイデアを生みだすことを示しています。

また早期教育で、子供に早い時期にピアノやバイオリンを習わせ専門特化させ、他のことに触れさせないことに批判的です。早く始めるとスタートダッシュで先頭に立てますが、やがて追い付かれ、伸び悩み、いろいろなものに触れてきた子たちに抜かれてしまうのです。

いやいや、ゴルフのタイガー・ウッズは、幼いころに父親から才能を見出され、専門的なトレーニングを積んで、そのまま成功したではないかという人もいるでしょう。しかし、ゴルフというルールが単純で、同じ動きを正確に繰り返すことが求められる競技だけでのことです。世の中はもっと複雑です。テニスでさえ、テニスを始める前に様々なスポーツをしていて、テニスを本格的にプレーするのが遅かったロジャー・フェデラーが素晴らしい業績を上げています。

任天堂の横井軍平さんは、すでに廃れた安価な技術を組み合わせて、ゲームボーイという携帯型のゲーム機器を開発し大ヒットさせました。ゲーム機が、より鮮明でより滑らかな映像を追求する中で、モノクロ画面なのに、価格の安さ、丈夫さ、電池の持ちやすさ、ソフトの開発のしやすさで優位に立ち、成功を収めました、新しい技術を追求するのではなく、古い技術の新しい使い方を考えたわけです。この思考は専門特化に集中する人には思い描けないのです。

著者はアメリカの科学ジャーナリストです。コロンビア大学院で環境科学の研究をされていたようですが、ジャーナリストに転向しています。主にスポーツ科学の記事で実績があるようです。

AI・ビッグデータ・IoTなどの技術が進歩し、現代はますます変化が激しい時期に来ています。この傾向はこれからも変わらないでしょう。そういう今を生き抜く上では、一つのことに固執するのではなく、別の分野の知識や経験を生かせるのは強みです。まずはこの本を読んで視野を広げてみるのもいいかもしれません。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

ポール・ドーラン「幸せな選択、不幸な選択」(早川書房 2015)

学者の方が書かれていて、文章に硬い印象を受けました。著者は幸せを快楽とやりがいと定義しています。人それぞれ、自分にあった快楽とやりがいのバランスをとると、幸せになれるのかもしれません。

野々木宏・福井次矢「狭心症・心筋梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)」(法研)

狭心症・心筋梗塞についての基礎知識を学べました。家族が心筋梗塞で倒れた方は、心筋梗塞がどのような病気かよく理解できると思います。 巻末に全国の循環器系の病院のリストがついているのは、よかったですが、一 …

藤沢数希「損する結婚 儲かる離婚」

結婚を離婚するときのお金の面から考えた本です。奥さんが専業主婦で離婚する場合は、痛い目に合うかもしれません。結婚の制度について考えさせられます。 印象的なところは、女性が年収の高い男性を求めるのは当然 …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …