メンタル 健康 読書メモ

岩波明「大人のADHD」(筑摩書房 2015)

投稿日:

職場に異動されて来られた方が、落ち着きがなく、もしやADHD(注意欠如・多動症)なのではと思い、ADHDの概略を知るために読みました。

ADHDについてまとめて書かれてはいますが、ADHDの方の周りにいる人が、どのように対処していけばいいかとか、ADHDの方が改善に向けてどのようなことをすればよいのかといったことは、あまり書かれておりませんでした。

直接は今の私に役に立つものではないですが、ADHDの方の発症割合や、脳の異常によるもので、努力しても治るものではないことが分かりました。ADHDの人は、周りの人から見ると普通の人で、脳に疾患があるとは見た目からは分かりません。だから周囲の人たちから理解されません。誤解されて生きづらさを感じているADHDの人たちのことを考えると、なんだか辛くなってきます。

この本を読めば読むほど、新しい同僚がADHDであるとの疑いが強まりました。周囲の彼への圧力は時に強いものがありますが、少しでも優しく接してあげれればなと思います。

-メンタル, 健康, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

堤ゆかり「もう内向型は組織で働かなくてもいい」(世界文化社)

著者の「内向型を直さず活かす」との主張には大賛成です。私自身、外向的にならなきゃと何度も思ったり、無理したりしてきましたが、自分を変える努力をするよりも、自分を活かすことに目を向けた方がよっぽど、自分 …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

ジョンJ.レイティ・エリック・ヘイガーマン「脳を鍛えるには運動しかない!」(NHK出版)

健康を維持するには運動した方がいいと誰でもわかっています。健康診断の問診票にも、1日30分の運動を週3回以上してますかと、書いてあったりする。けれどもなかなか運動を習慣化できない人が多いと思います。 …