メンタル 健康 読書メモ

岩波明「大人のADHD」(筑摩書房 2015)

投稿日:

職場に異動されて来られた方が、落ち着きがなく、もしやADHD(注意欠如・多動症)なのではと思い、ADHDの概略を知るために読みました。

ADHDについてまとめて書かれてはいますが、ADHDの方の周りにいる人が、どのように対処していけばいいかとか、ADHDの方が改善に向けてどのようなことをすればよいのかといったことは、あまり書かれておりませんでした。

直接は今の私に役に立つものではないですが、ADHDの方の発症割合や、脳の異常によるもので、努力しても治るものではないことが分かりました。ADHDの人は、周りの人から見ると普通の人で、脳に疾患があるとは見た目からは分かりません。だから周囲の人たちから理解されません。誤解されて生きづらさを感じているADHDの人たちのことを考えると、なんだか辛くなってきます。

この本を読めば読むほど、新しい同僚がADHDであるとの疑いが強まりました。周囲の彼への圧力は時に強いものがありますが、少しでも優しく接してあげれればなと思います。

-メンタル, 健康, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

浅見 陽輔「太りたいのに太れない」人が正しく増量するためのバルクアップ法」

健康的に太りたいなと思って読んでみたのですが、とても参考になりました。 安くておいしい食品には脂質が多く含まれているので、脂質は避け、高タンパク・低脂質、高炭水化物・低脂質の食品を食べると筋肉が増えて …

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。 学びの技法については、メンタリス …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …