科学 読書メモ

ダニエル・ギルバート「明日の幸せを科学する」(早川書房 2013)

投稿日:

脳って思っているほど、立派な器官ではないんだなと思わされました。

本書では想像の欠点として3つ挙げています。

1. 未来のすべての出来事を想像することはできない。一部しか想像できない。

2. 現在を未来に投影しがち。

3.未来の気持ちを事前に考えても、未来に感じるであろう実際の気持ちに気づけない。

もはや脳は当てにならないので、自分の未来を想像するには、なるべくいろんなデータを記録して、検討することが必要なのかもしれません。

-科学, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジョンJ.レイティ・エリック・ヘイガーマン「脳を鍛えるには運動しかない!」(NHK出版)

健康を維持するには運動した方がいいと誰でもわかっています。健康診断の問診票にも、1日30分の運動を週3回以上してますかと、書いてあったりする。けれどもなかなか運動を習慣化できない人が多いと思います。 …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

伊藤真「伊藤真の民法入門」

民法の大事な部分が分かりやすく読みやすく書かれています。 これから試験勉強するわけではないのですが、民法の普通のテキストから読まなくて正解でした。細かいところがたくさんありきっと嫌になっていたと思いま …

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …

サン・テグジュペリ「星の王子様」

落ち込んだ時にこの本を読むという人の話を聞いて、いつか読もうと思っていながら、ずっと手にしなかったこの本をとうとう読みました。 挿絵がかわいいし、子供も読める内容ですが、大人に向かって書いていると感じ …