comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

エーリッヒ・フロム「愛するということ」(紀伊國屋書店)

たまには哲学系の本でも読んで見ようかなと思い、人気がある本書を手に取ってみました。一般向けに書かれているのですが、凡人の私には精緻すぎて理解が追い付かないところもありました。それでも読んでよかったと思 …

no image

精密検査結果 (インビザライン(マウスピース矯正))

先月行った精密検査の結果を聞きに矯正歯科へ行く。 先生の話によると、インビザライン(マウスピース矯正)は可能とのこと。ただし、①残っている右の上下の親知らずは抜歯する必要があること、②上の前歯の隣の歯 …

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。 仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていな …