科学 読書メモ

村山斉「宇宙になぜ我々が存在するのか(ブルーバックス)」(講談社 2013)

投稿日:

衝撃的な本でした。宇宙について分かっていることを、こんなにも分かりやすく説明してくれるなんて、ありがたすぎます。この本を読んで宇宙の始まりについて、考えをめぐらし、考えれば考えるほど、自分が今存在していることの不思議さが感じられました。

宇宙についての本は、これから間違いなく定期的に読みます。こんなにも面白い世界があるなんて。そして私にはいくら努力しても解明できないことを、明らかにしてくれた偉人がいて、感謝しかないです。

-科学, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

浅見 陽輔「太りたいのに太れない」人が正しく増量するためのバルクアップ法」

健康的に太りたいなと思って読んでみたのですが、とても参考になりました。 安くておいしい食品には脂質が多く含まれているので、脂質は避け、高タンパク・低脂質、高炭水化物・低脂質の食品を食べると筋肉が増えて …

大前研一「稼ぎ続ける力」

大前研一さんの本をはじめて読みました。政治とか経済を批判するだけではなくて、対案をきちんと書いている所に好感が持てました。ただ著者は家でゴロゴロして犬の散歩するのが好きな人を否定していて、「生ける屍」 …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文春文庫、2018)

財務会計の大切さがよく分かる本でした。帳簿がいいかげんな組織はいずれ破綻します。メディチ家でもルイ14世以降のフランスでもエンロンも、帳簿を無視した経営をし始めると大変なしっぺ返しを食らわされるのです …

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …

岩波明「大人のADHD」(筑摩書房 2015)

職場に異動されて来られた方が、落ち着きがなく、もしやADHD(注意欠如・多動症)なのではと思い、ADHDの概略を知るために読みました。 ADHDについてまとめて書かれてはいますが、ADHDの方の周りに …