会計 歴史 読書メモ

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文春文庫、2018)

投稿日:

財務会計の大切さがよく分かる本でした。帳簿がいいかげんな組織はいずれ破綻します。メディチ家でもルイ14世以降のフランスでもエンロンも、帳簿を無視した経営をし始めると大変なしっぺ返しを食らわされるのです。歴史が繰り返されている事実を目の当たりにして驚きました。

仕事で内部統制の監査とかありますけれども、その必要性がこの本を読んで初めて分かりました。

印象的だったのは、ルイ16世の時の財務長官ネッケルは、まじめに仕事していたら追い出されて、その後財務管理の重要性を民衆が認識して復帰したところです。正しいことをしていても、理解されるわけではない。世の中簡単ではなく、正しく理解することの難しさをあらためて知りました。

-会計, 歴史, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

天野篤「最新 よくわかる心臓病」(誠文堂新光社)

父が心筋梗塞で倒れたため、病気について知るため急遽購入した。心筋梗塞、狭心症はもちろん不整脈の説明もあって分かりやすかった。入院期間、費用の目安までかかれており、参考になりました。 著者は、上皇陛下の …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

フローレンス・ウィリアムズ「NATURE FIX」(NHK出版 2017)

森の中で新鮮な空気を吸ったり、海の波の音を聞いて、気持ちのいい経験をしたことは誰にでもあると思います。本書は、なんとなく自然から影響を受けているなと感じているものを、最新の科学を取材し明らかにしていま …

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。 仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていな …