読書メモ

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

投稿日:

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。

学びの技法については、メンタリストDaiGoさんが、科学的根拠に基づいた効率のよい勉強法の本を書かれたりしていますので、結論はすでに出ているのだと思っていました。しかし、本書の出発は、続かなければ意味がないということです。効率の良い学習法があったとしても、自分に合わなければ役に立ちません。何か国語もしゃべれる人がいて、その学習法を真似たとしても、そのやり方を継続できなければ、外国語は習得できないのです。

そういう前提に立って書かれていますので、科学の実証がないものもありますが、先人の知恵がたくさん紹介されていて、これがもう面白いです。古今東西いろんな人が工夫をしてさまざまな技法を編み出しているのです。読めばきっと参考になると思います。

「知」の営みを知ることは、知的興奮を呼び覚まします。何か学びたいと思っている人、学ぶ意欲のあるお子さんにもお勧めです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

藤田田「ユダヤの商法」(KKベストセラーズ)

恥ずかしながらこの本で、著者の藤田田さんが日本マクドナルドの創業者であることを知りました。ユダヤ人の商売の仕方を、自身のご経験から語られていて、頭にどんどん入ってきました。 ユダヤ商法の一つに「女と口 …