読書メモ

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

投稿日:

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。

学びの技法については、メンタリストDaiGoさんが、科学的根拠に基づいた効率のよい勉強法の本を書かれたりしていますので、結論はすでに出ているのだと思っていました。しかし、本書の出発は、続かなければ意味がないということです。効率の良い学習法があったとしても、自分に合わなければ役に立ちません。何か国語もしゃべれる人がいて、その学習法を真似たとしても、そのやり方を継続できなければ、外国語は習得できないのです。

そういう前提に立って書かれていますので、科学の実証がないものもありますが、先人の知恵がたくさん紹介されていて、これがもう面白いです。古今東西いろんな人が工夫をしてさまざまな技法を編み出しているのです。読めばきっと参考になると思います。

「知」の営みを知ることは、知的興奮を呼び覚まします。何か学びたいと思っている人、学ぶ意欲のあるお子さんにもお勧めです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …

竹内 正浩 「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」(東洋経済新報社、2012)

内向型人間の生き方の参考になるのではと手に取りました。発刊が2012年と10年前に出ているのがすごいです。その頃はまだ内向型という言葉は今ほどには普及していなかっただろうと思います。ですからタイトルは …

桂「結婚するのはやめました」

事実だけをきくと暗い印象になるところ、著者の明るさがそれを打ち消していて、読後感がよかったです。 婚活パーティーや結婚相談所で8年間を費やし、晴れて成婚退会までできたものの、結局は結婚しないことを決意 …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

ピーター・ティール・ブレイク・マスターズ、関 美和訳「ゼロ・トゥ・ワン」

副業をしたいなと考えているのですけれど、巷に溢れているものをマネしても、時間がかかる割には、得るものがないのではないかと考え、こちらの本を読んでゼロからイチを作れればと思い手にしてみました。 著者のピ …