comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アレクサンドル・デュマ「三銃士」

180年も前に書かれた外国の小説なのに、今読んでも面白くて仕方がありません。不朽の名作です。 流行りのドラマ・マンガ・映画に見飽きた人は、たまには古典作品に親しむのもいいのではないでしょうか。 舞台は …

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

no image

ポル禁 28日目 変化なし

前週と比べて今週で特に変わったことはない。時間的な余裕ができると、過去に見たエロ動画がフラッシュバックして現れ、私を誘惑してくる。この誘惑に打ち勝つことはできるのだが、相手が弱まる気配がしない。以前オ …

橘 慶太「ぶっちゃけ相続」(ダイヤモンド社)

先月、父が心筋梗塞で倒れました。幸いにも救急車を呼ぶのが早かったため、一命をとりとめました。今は退院し元気でいます。突然のことだったので、正直驚きました。母が動揺し、父が亡くなったときのことを全く考え …