読書メモ

橘 慶太「ぶっちゃけ相続」(ダイヤモンド社)

投稿日:

先月、父が心筋梗塞で倒れました。幸いにも救急車を呼ぶのが早かったため、一命をとりとめました。今は退院し元気でいます。突然のことだったので、正直驚きました。母が動揺し、父が亡くなったときのことを全く考えていなかったので、まずは相続について理解しておこうと本書を手にしてみました。

著者はユーチューバーで、説明がうまいです。相続の基本的なことから、もめ事を回避する方法や節税のアドバイスまで丁寧に書かれています。事例が豊富なので、イメージしやすかったです。相続でトラブりたくない方は、事前に読んでおくといいでしょう。

私はもともと自立志向が若いころから強く、相続金は拒否するつもりです。しかし兄弟で親の遺産を争ってしまう場合もありますね。子供が争うと親がかわいそうです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …