読書メモ

橘 慶太「ぶっちゃけ相続」(ダイヤモンド社)

投稿日:

先月、父が心筋梗塞で倒れました。幸いにも救急車を呼ぶのが早かったため、一命をとりとめました。今は退院し元気でいます。突然のことだったので、正直驚きました。母が動揺し、父が亡くなったときのことを全く考えていなかったので、まずは相続について理解しておこうと本書を手にしてみました。

著者はユーチューバーで、説明がうまいです。相続の基本的なことから、もめ事を回避する方法や節税のアドバイスまで丁寧に書かれています。事例が豊富なので、イメージしやすかったです。相続でトラブりたくない方は、事前に読んでおくといいでしょう。

私はもともと自立志向が若いころから強く、相続金は拒否するつもりです。しかし兄弟で親の遺産を争ってしまう場合もありますね。子供が争うと親がかわいそうです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …

堤ゆかり「もう内向型は組織で働かなくてもいい」(世界文化社)

著者の「内向型を直さず活かす」との主張には大賛成です。私自身、外向的にならなきゃと何度も思ったり、無理したりしてきましたが、自分を変える努力をするよりも、自分を活かすことに目を向けた方がよっぽど、自分 …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …