時事 読書メモ

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

投稿日:

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小学生向けの連載をまとめたもので、よく確認して購入すればよかったと後悔しています。

今まで毎日新聞読んだり、テレビのニュースを見ていましたが、そんなのは時間の無駄で、たまに国際情勢について書かれた本を1冊読む方がよほどためになると、あらためて思いました。

-時事, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。 フローというのは何かに没頭したり夢中になっていた …

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …