読書メモ

浅田 すぐる「早く読めて、忘れない、思考力が深まる 「紙1枚!」読書法」

投稿日:

期待以上の内容の本でした。本の読み方、紙へのまとめ方が具体的に書かれています。また選書の仕方も書かれており、何冊もおすすめの本が紹介されますので、何を読んでいいのか分からない方は、参考になると思います。

参考になったのは、「パーパス・リクエスト」という読書法です。自分の問いに答えてくれる箇所だけ探して読む読み方です。メンタリストDaiGoさんが探し読みと言っている読み方と一緒です。この読み方はでは、全部を読むわけではないため、著者の意図していることを全て汲み取れず、誤読をする可能性もありますが、自分主体の能動的読書をすることが大切なのです。これからは、問いを立て、その問いに答えてくれそうな本を買い、答えを探していく、そんな読み方も取り入れようと思いました。

著者は元トヨタ社員で、紙一枚にまとめる技術で売れた方です。本屋に並んでいるのを見かけた方も多いのではないでしょうか。

本を読むことを習慣づけて、本書で紹介されている紙一枚にまとめるワークを実践すれば、必ず自分の人生に生かせると思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

堀江貴文「最大化の超習慣 「堀江式」完全無欠の仕事術」(徳間書店)

堀江さんのいつも主張されていることが書かれていますが、あらためて本として読むと、また違った趣があってよいです。堀江さんのように貯金をしないで、あり金を好きなことに全部使うことは、私にはできませんが、そ …

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

橘 慶太「ぶっちゃけ相続」(ダイヤモンド社)

先月、父が心筋梗塞で倒れました。幸いにも救急車を呼ぶのが早かったため、一命をとりとめました。今は退院し元気でいます。突然のことだったので、正直驚きました。母が動揺し、父が亡くなったときのことを全く考え …

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …