読書メモ

浅田 すぐる「早く読めて、忘れない、思考力が深まる 「紙1枚!」読書法」

投稿日:

期待以上の内容の本でした。本の読み方、紙へのまとめ方が具体的に書かれています。また選書の仕方も書かれており、何冊もおすすめの本が紹介されますので、何を読んでいいのか分からない方は、参考になると思います。

参考になったのは、「パーパス・リクエスト」という読書法です。自分の問いに答えてくれる箇所だけ探して読む読み方です。メンタリストDaiGoさんが探し読みと言っている読み方と一緒です。この読み方はでは、全部を読むわけではないため、著者の意図していることを全て汲み取れず、誤読をする可能性もありますが、自分主体の能動的読書をすることが大切なのです。これからは、問いを立て、その問いに答えてくれそうな本を買い、答えを探していく、そんな読み方も取り入れようと思いました。

著者は元トヨタ社員で、紙一枚にまとめる技術で売れた方です。本屋に並んでいるのを見かけた方も多いのではないでしょうか。

本を読むことを習慣づけて、本書で紹介されている紙一枚にまとめるワークを実践すれば、必ず自分の人生に生かせると思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …