読書メモ

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

投稿日:

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。

印象に残ったのは、してはいけない頼み方です。頼むときには、相手をコントロールしてるような感じを出してはいけません。最近、部下が私に頼みごとをしてきたのですが、私を部下の都合のいいように動かそうという感じが伝わってきたため、実に不快な気持ちになりました。相手を不快にさせてしまっては、頼み事は聞いてもらえません。

それと人間は人を助けることに喜びを感じるということも、大事なことだと思いました。人を喜ばせるような頼み方をすれば、相手も自分も幸せになります。

会社で働くようになっていつの間にか、人に頼まないで生きることが当たり前になっていました。もう少し人に頼んでもいいのかなと気持ちが変わりました。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者 …

アレックス・スジョン―キム・パン「シリコンバレー式 よい休息」(日経BP 2017)

休息と言っても体を休めるのか、頭を休めるのかとか、いろいろあると思いますが、創造性を高める休息について書かれています。 働いている人は、時間がいくらあっても足りません。だから休んでいる暇はなく、ずっと …

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …

天野篤「最新 よくわかる心臓病」(誠文堂新光社)

父が心筋梗塞で倒れたため、病気について知るため急遽購入した。心筋梗塞、狭心症はもちろん不整脈の説明もあって分かりやすかった。入院期間、費用の目安までかかれており、参考になりました。 著者は、上皇陛下の …

堤ゆかり「もう内向型は組織で働かなくてもいい」(世界文化社)

著者の「内向型を直さず活かす」との主張には大賛成です。私自身、外向的にならなきゃと何度も思ったり、無理したりしてきましたが、自分を変える努力をするよりも、自分を活かすことに目を向けた方がよっぽど、自分 …