comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ブラタモリ #167 網走

網走で思い浮かぶのは、刑務所と小説家の安部譲二ぐらい。テーマは「“最果ての地“網走は“理想の地“」ということでした。 タモさん一行はまず刑務所を訪れます。この刑務所は当時は最先端で、ヨーロッパの近代思 …

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

no image

Giveの実践

アダム・グラントの「Give & Take」を読んでいる影響で、少しずつ与えることを心掛けている。たまたま取引先の業者の人と食事をして、いつもお世話になっているので食事代をこちらが負担したのだ …

no image

雑記 猫背用ストレッチ

昔「姿勢の教科書」を買って、座位用のストレッチの部分だけ読んで実践して満足していたのだが、あらためて眺めてみると、猫背用のエクササイズについても書かれていた。この本は専門用語で書かれているので、猫背を …

村山斉「宇宙になぜ我々が存在するのか(ブルーバックス)」(講談社 2013)

衝撃的な本でした。宇宙について分かっていることを、こんなにも分かりやすく説明してくれるなんて、ありがたすぎます。この本を読んで宇宙の始まりについて、考えをめぐらし、考えれば考えるほど、自分が今存在して …