ビジネス 読書メモ

鈴木 祐 「ヤバい集中力」(SBクリエイティブ)

投稿日:

古くから人の心は「本能」と「理性」の2つに分けて考えられてきました。行動経済学では「システム1」と「システム2」、脳科学では「前頭前皮質」と「辺縁系」と呼んだりします。本書では、理性が本能をコントロールするという関係を明確にするため、「獣」と「調教師」と名付けていて、絶妙な表現だと思いました。

そして面白いことに、「調教師」は「獣」と戦っても勝てないようです。自分の人生を振り返ってみても、「獣」と戦ってさんざん負けてきました。例えば大好きなお菓子が目の前にあって、一つだけにしておこうと思ってたのに、気が付けば一袋食べてしまっていたようなことです。だからうまく「獣」を手なずけなければなりません。その具体的な方法が本書では紹介されています。

集中力を上げるたくさんの方法がある中で、手軽にできるカフェインを摂ることと、「獣」を刺激しないような環境を整えることを実践してみようと思いました。

現代はスマホの通知とか、気が散りやすい環境にありますが、集中しないといい仕事はできません。ビジネスマンに読んで欲しい本でした。学生さんが読むのもいいと思います。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

海運セクター研究会「分かりやすい海運業界入門」

内容量は薄いですけれど、船のことや海運のことについて、簡潔にまとめて書かれていて、読んでよかったです。 オーナーと用船者の関係について触れられていて、勉強になりました。 海運について全く知らない人が読 …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

浅田 すぐる「早く読めて、忘れない、思考力が深まる 「紙1枚!」読書法」

期待以上の内容の本でした。本の読み方、紙へのまとめ方が具体的に書かれています。また選書の仕方も書かれており、何冊もおすすめの本が紹介されますので、何を読んでいいのか分からない方は、参考になると思います …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文藝春秋 2018)

本の表紙からしてヨーロッパ中世の記帳の仕方について書かれたものとばかり思ってましたが、違いました。過去から現代に続く帳簿の歴史が書かれています。 歴史を通してみると、記帳をおろそかにした組織(政府・会 …