ビジネス 読書メモ

鈴木 祐 「ヤバい集中力」(SBクリエイティブ)

投稿日:

古くから人の心は「本能」と「理性」の2つに分けて考えられてきました。行動経済学では「システム1」と「システム2」、脳科学では「前頭前皮質」と「辺縁系」と呼んだりします。本書では、理性が本能をコントロールするという関係を明確にするため、「獣」と「調教師」と名付けていて、絶妙な表現だと思いました。

そして面白いことに、「調教師」は「獣」と戦っても勝てないようです。自分の人生を振り返ってみても、「獣」と戦ってさんざん負けてきました。例えば大好きなお菓子が目の前にあって、一つだけにしておこうと思ってたのに、気が付けば一袋食べてしまっていたようなことです。だからうまく「獣」を手なずけなければなりません。その具体的な方法が本書では紹介されています。

集中力を上げるたくさんの方法がある中で、手軽にできるカフェインを摂ることと、「獣」を刺激しないような環境を整えることを実践してみようと思いました。

現代はスマホの通知とか、気が散りやすい環境にありますが、集中しないといい仕事はできません。ビジネスマンに読んで欲しい本でした。学生さんが読むのもいいと思います。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …

堀江貴文「最大化の超習慣 「堀江式」完全無欠の仕事術」(徳間書店)

堀江さんのいつも主張されていることが書かれていますが、あらためて本として読むと、また違った趣があってよいです。堀江さんのように貯金をしないで、あり金を好きなことに全部使うことは、私にはできませんが、そ …

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …

no image

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者 …

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …