会計 歴史 読書メモ

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

投稿日:

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。

簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費用計上されると困るので、期間配分して費用負担させようと理屈をこねて減価償却制度を作り上げたところなんか面白かったです。機械化という時代の変化により、会計も変わっていきますね。

商業簿記の勉強では仕訳の習得が重要になってきますが、その処理ができあがる背景まで知っておくと、覚えやすいですし財務諸表を読む力にもつながっていくのだと感じました。

会計のことも歴史のことも学べるいい本でした。

-会計, 歴史, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

藤田田「ユダヤの商法」(KKベストセラーズ)

恥ずかしながらこの本で、著者の藤田田さんが日本マクドナルドの創業者であることを知りました。ユダヤ人の商売の仕方を、自身のご経験から語られていて、頭にどんどん入ってきました。 ユダヤ商法の一つに「女と口 …

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。 フローというのは何かに没頭したり夢中になっていた …

船山信次「毒と薬の世界史」(中公新書 2008)

毒と薬についての歴史が断片的に書かれています。個々の歴史をつなげられるともっと面白かったと思います。著者は歴史の専門家ではないため、そこまでは求められません。 驚いたのは抗生物質(ペニシリン)が発見さ …

海運セクター研究会「分かりやすい海運業界入門」

内容量は薄いですけれど、船のことや海運のことについて、簡潔にまとめて書かれていて、読んでよかったです。 オーナーと用船者の関係について触れられていて、勉強になりました。 海運について全く知らない人が読 …

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …