会計 歴史 読書メモ

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

投稿日:

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。

簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費用計上されると困るので、期間配分して費用負担させようと理屈をこねて減価償却制度を作り上げたところなんか面白かったです。機械化という時代の変化により、会計も変わっていきますね。

商業簿記の勉強では仕訳の習得が重要になってきますが、その処理ができあがる背景まで知っておくと、覚えやすいですし財務諸表を読む力にもつながっていくのだと感じました。

会計のことも歴史のことも学べるいい本でした。

-会計, 歴史, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …

伊藤真「伊藤真の刑法入門」(日本評論社、2018)

刑罰を厳しくしすぎると、自分も罰せられる可能性が高くなりますし、かといって、刑罰が緩いと、自分が被害者になる可能性が高くなります。ではどのように折り合いをつけていけばよいのかという問題がある、そんなと …

アレックス・スジョン―キム・パン「シリコンバレー式 よい休息」(日経BP 2017)

休息と言っても体を休めるのか、頭を休めるのかとか、いろいろあると思いますが、創造性を高める休息について書かれています。 働いている人は、時間がいくらあっても足りません。だから休んでいる暇はなく、ずっと …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …