読書メモ

桂「結婚するのはやめました」

投稿日:

事実だけをきくと暗い印象になるところ、著者の明るさがそれを打ち消していて、読後感がよかったです。

婚活パーティーや結婚相談所で8年間を費やし、晴れて成婚退会までできたものの、結局は結婚しないことを決意していて、つくづく結婚は難しいものだなと感じました。

結婚するのが遅れれば遅れるほど、勢いで結婚するのが難しくなるのかな。

なんで結婚しなきゃいけないのか、分からなくなってきます。著者の結論もそこに行きつきます。

いいお相手に出会えれば結婚すればいいし、いなければ一人でいてもいい。結婚しなきゃとの思い込みから解放されれば、それほど結婚に心を思い煩わされることもない。

自分が何をしたいのか、見つめなおすことがこの問題を解決する手がかりかな。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

藤田田「ユダヤの商法」(KKベストセラーズ)

恥ずかしながらこの本で、著者の藤田田さんが日本マクドナルドの創業者であることを知りました。ユダヤ人の商売の仕方を、自身のご経験から語られていて、頭にどんどん入ってきました。 ユダヤ商法の一つに「女と口 …

アレックス・スジョン―キム・パン「シリコンバレー式 よい休息」(日経BP 2017)

休息と言っても体を休めるのか、頭を休めるのかとか、いろいろあると思いますが、創造性を高める休息について書かれています。 働いている人は、時間がいくらあっても足りません。だから休んでいる暇はなく、ずっと …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

伊藤真「伊藤真の刑法入門」(日本評論社、2018)

刑罰を厳しくしすぎると、自分も罰せられる可能性が高くなりますし、かといって、刑罰が緩いと、自分が被害者になる可能性が高くなります。ではどのように折り合いをつけていけばよいのかという問題がある、そんなと …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …