ビジネス 読書メモ

堀江貴文「最大化の超習慣 「堀江式」完全無欠の仕事術」(徳間書店)

投稿日:

堀江さんのいつも主張されていることが書かれていますが、あらためて本として読むと、また違った趣があってよいです。堀江さんのように貯金をしないで、あり金を好きなことに全部使うことは、私にはできませんが、そんな生き方ができたらカッコいいなと思います。

知らなかったことは、堀江さんはメンタルが強いわけではないこと。ストレスに敏感だからこそ、ストレスを遠ざけているのだそうです。普段のストレスがないからこそ、ツイッターとかで攻撃されても、返せる余裕があるのかもしれません。

私は大勢人がいる職場で働くのが苦手で、苦痛を感じながら毎日仕事をしていますが、今とは違うストレスがない環境で働いているのであれば、きっともっと元気が出るに違いありません。

ストレスは耐えるのではなくて、遠ざける。そういう戦略を工夫していけたらいいなと思いました。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

村山斉「宇宙になぜ我々が存在するのか(ブルーバックス)」(講談社 2013)

衝撃的な本でした。宇宙について分かっていることを、こんなにも分かりやすく説明してくれるなんて、ありがたすぎます。この本を読んで宇宙の始まりについて、考えをめぐらし、考えれば考えるほど、自分が今存在して …

船山信次「毒と薬の世界史」(中公新書 2008)

毒と薬についての歴史が断片的に書かれています。個々の歴史をつなげられるともっと面白かったと思います。著者は歴史の専門家ではないため、そこまでは求められません。 驚いたのは抗生物質(ペニシリン)が発見さ …

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …

no image

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者 …

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …