ビジネス 読書メモ

藤田田「ユダヤの商法」(KKベストセラーズ)

投稿日:

恥ずかしながらこの本で、著者の藤田田さんが日本マクドナルドの創業者であることを知りました。ユダヤ人の商売の仕方を、自身のご経験から語られていて、頭にどんどん入ってきました。

ユダヤ商法の一つに「女と口を狙え」というのがあって、女は女性が支払うことが多いので、口は口に入れるものは消費されてなくなるので、というものでしたが、なるほどなと思いました。

個人的に印象深かったのは、「好きなことを仕事にするな」ということです。好きなことを仕事にできたらなと思いがちですが、それだと商売はうまくいかない。商売するものを好きである必要はない。著者もバッグやアクセサリーを取り扱っていますが、自分が身に着けられるものでもないし、そういったものに興味はないようです。

ちょっと気になったのは、ユダヤ人の子育て方法です。ユダヤ人は小さいころから子供に、親でも信用するなと教えていることです。将来的に商売にはつながるのかもしれませんが、親でさえ疑わねばならない人生が悲しく思えました。

ユダヤ商人は契約に厳しいことや数字に強いところなど、参考になるところが多々ありました。何か商売を考えておられる方は、読んで損はないと思います。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …

島本理生「ファーストラヴ」

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。 父殺しの背景には虐待という問題が …

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …