歴史 読書メモ

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

投稿日:

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じておりました。

そこを本書はなるべく主語を変えずに書き、また地域をヨーロッパ、中東、インド、中国に分け、世界が一体化するまでは、ひとつなぎでまとめて記述するというスタイルは、流れをつかみやすかったです。記憶に残りにくい書き方をしている本を読んでも、時間の無駄なので、ぜひ現行の教科書の記述方法を見直してほしいです。

しかし歴史を知ることって、本当に重要だなとあらためて感じました。日本に生まれてきて平和に暮らせていますが、世界の歴史を見ると、国がなにかしら戦争をしていたり、重税に苦しめられている人がいます。それに比べると、将来のことを考えると不安になることもありますが、自分はかなり幸せな時代を生きているのだと実感できます。

世界の歴史をもっと知りたいと思った一冊でした。

-歴史, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

天野篤「最新 よくわかる心臓病」(誠文堂新光社)

父が心筋梗塞で倒れたため、病気について知るため急遽購入した。心筋梗塞、狭心症はもちろん不整脈の説明もあって分かりやすかった。入院期間、費用の目安までかかれており、参考になりました。 著者は、上皇陛下の …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …

藤田田「ユダヤの商法」(KKベストセラーズ)

恥ずかしながらこの本で、著者の藤田田さんが日本マクドナルドの創業者であることを知りました。ユダヤ人の商売の仕方を、自身のご経験から語られていて、頭にどんどん入ってきました。 ユダヤ商法の一つに「女と口 …