歴史 読書メモ

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

投稿日:

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じておりました。

そこを本書はなるべく主語を変えずに書き、また地域をヨーロッパ、中東、インド、中国に分け、世界が一体化するまでは、ひとつなぎでまとめて記述するというスタイルは、流れをつかみやすかったです。記憶に残りにくい書き方をしている本を読んでも、時間の無駄なので、ぜひ現行の教科書の記述方法を見直してほしいです。

しかし歴史を知ることって、本当に重要だなとあらためて感じました。日本に生まれてきて平和に暮らせていますが、世界の歴史を見ると、国がなにかしら戦争をしていたり、重税に苦しめられている人がいます。それに比べると、将来のことを考えると不安になることもありますが、自分はかなり幸せな時代を生きているのだと実感できます。

世界の歴史をもっと知りたいと思った一冊でした。

-歴史, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サン・テグジュペリ「星の王子様」

落ち込んだ時にこの本を読むという人の話を聞いて、いつか読もうと思っていながら、ずっと手にしなかったこの本をとうとう読みました。 挿絵がかわいいし、子供も読める内容ですが、大人に向かって書いていると感じ …

デイビッド・エプスタイン「RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる」

事例が豊富で、しかも重要な事例は深掘りされていて、読みごたえがあります。内容が濃く、素晴らしい本でした。 仕事で経験もあるし実績もある、その道のスペシャリストではある。だがしかし、ずっと解決できていな …

竹内 正浩 「おっとりした人が最後に勝つ成功法則」(東洋経済新報社、2012)

内向型人間の生き方の参考になるのではと手に取りました。発刊が2012年と10年前に出ているのがすごいです。その頃はまだ内向型という言葉は今ほどには普及していなかっただろうと思います。ですからタイトルは …

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …

藤沢数希「損する結婚 儲かる離婚」

結婚を離婚するときのお金の面から考えた本です。奥さんが専業主婦で離婚する場合は、痛い目に合うかもしれません。結婚の制度について考えさせられます。 印象的なところは、女性が年収の高い男性を求めるのは当然 …