スモールビジネス ビジネス 読書メモ

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

投稿日:

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感しました。しょうもない内容ならKindle出版という形をとらずにブログに書いてと言いたくなります。

私は著者の2人のように年間200冊も読んできていませんし、文章力にも自信がありませんが、将来的には1冊でも品質のいい本を出版出来たらいいなと思いました。

-スモールビジネス, ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

船山信次「毒と薬の世界史」(中公新書 2008)

毒と薬についての歴史が断片的に書かれています。個々の歴史をつなげられるともっと面白かったと思います。著者は歴史の専門家ではないため、そこまでは求められません。 驚いたのは抗生物質(ペニシリン)が発見さ …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …

橘 慶太「ぶっちゃけ相続」(ダイヤモンド社)

先月、父が心筋梗塞で倒れました。幸いにも救急車を呼ぶのが早かったため、一命をとりとめました。今は退院し元気でいます。突然のことだったので、正直驚きました。母が動揺し、父が亡くなったときのことを全く考え …