時事 読書メモ

大前研一「日本の論点 2022~23」

投稿日:

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退していくのだなと感じました。

しかし、国や会社に頼るのはやめて、自分で未来を切り開く覚悟があれば、成功できるかもしれません。

本書には海外の優秀な人は、会社に雇われて働くよりも、自分で起業することを好むとありますし、世界の若者がどういう思考をしているか、これからの未来を考える上で抑えておく必要があると思いました。

本書を読むことでテレビのニュースを見ているだけでは得られない、ニュースの背景を知ることができました。

-時事, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

金井高志「民法でみる商法・会社法」(日本評論社)

商法についておおまかなことを知りたいと思って、kindleで探してみたのですが、なかなか入門書的なものがなくて、仕方なくこの本を手にしてみました(基本kindleでしか本を買わない)。 法律を学んでい …

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

フローレンス・ウィリアムズ「NATURE FIX」(NHK出版 2017)

森の中で新鮮な空気を吸ったり、海の波の音を聞いて、気持ちのいい経験をしたことは誰にでもあると思います。本書は、なんとなく自然から影響を受けているなと感じているものを、最新の科学を取材し明らかにしていま …

ダニエル・ギルバート「明日の幸せを科学する」(早川書房 2013)

脳って思っているほど、立派な器官ではないんだなと思わされました。 本書では想像の欠点として3つ挙げています。 1. 未来のすべての出来事を想像することはできない。一部しか想像できない。 2. 現在を未 …