スモールビジネス ビジネス 読書メモ

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

投稿日:

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由は憲法で保障されているといいますが、どこまで効力があるのでしょう。入社するときに会社と口頭ですが、副業はしない前提で労働契約を結んでいるのではないでしょうか。裁判で争ったら勝てるのでしょうか。たとえ勝ててもそれにかける労力は半端ないと思います。3の就業規則にそこまでの規則はないとあります。ばれても会社を退職させられることはないと思いますが、大きな会社だったら、出世が遅れ、給料が減らされそうです。

副業が住民税によりばれることがあるとありましたが、著者はまだ収入を得たばかりで、確定申告の経験がなく、その回避方法はこれから勉強するようです。回避方法ぐらいネットに書かれていると思いますので、調べて書くぐらいのことはして欲しかったです。

-スモールビジネス, ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …

伊藤真「伊藤真の民法入門」

民法の大事な部分が分かりやすく読みやすく書かれています。 これから試験勉強するわけではないのですが、民法の普通のテキストから読まなくて正解でした。細かいところがたくさんありきっと嫌になっていたと思いま …

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …