スモールビジネス ビジネス 読書メモ

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

投稿日:

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由は憲法で保障されているといいますが、どこまで効力があるのでしょう。入社するときに会社と口頭ですが、副業はしない前提で労働契約を結んでいるのではないでしょうか。裁判で争ったら勝てるのでしょうか。たとえ勝ててもそれにかける労力は半端ないと思います。3の就業規則にそこまでの規則はないとあります。ばれても会社を退職させられることはないと思いますが、大きな会社だったら、出世が遅れ、給料が減らされそうです。

副業が住民税によりばれることがあるとありましたが、著者はまだ収入を得たばかりで、確定申告の経験がなく、その回避方法はこれから勉強するようです。回避方法ぐらいネットに書かれていると思いますので、調べて書くぐらいのことはして欲しかったです。

-スモールビジネス, ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

島本理生「ファーストラヴ」

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。 父殺しの背景には虐待という問題が …

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …