メンタル 読書メモ

マーティ・O・レイニー「内向型を強みにする」

投稿日:2022年1月9日 更新日:

内向型に関することが網羅的に書かれている本でした。スーザン・ケインさんの「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」もすごく中身の濃い本でしたが、こちらの本も読みごたえがありました。

外向型と内向型のパートナーの組み合わせ別に対処方法も書かれていますので、実践的です。

心に留めて置きたかったのは、内向型の男性と外向型の女性の組み合わせです。このカップルは極めて深刻な対立を生み出してしまうようです。私の経験からも、内向型の上司と外向型の部下の関係を観察してみてもそう思えます。

また脳科学的な点で驚いたのは、内向型と外向型では脳内を流れる血液の経路が違い、経路を流れる神経伝達物質も違うということです。内向型はアセチルコリンが長い経路を通り、外向型はドーパミンが短い経路を通る。血液の通り道が違うなんて、同じ人間なのに不思議です。これが自律神経の交感神経と副交感神経にも関係しているとしていて、外向型人間の行動を理解しやすくなりました。

著者は心理療法士でもあるので、カウンセリングでの事例も紹介されています。

内向型人間であるがゆえに、人生うまくいっていないと感じてる方には、具体的な対処方法が書かれていますので、ぜひ読まれてはいかがでしょうか。

-メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勝間和代「勝間式 金持ちになる読書法」

分かりやすくて面白くてどんどん読み進められました。 内容としましては、本というのは、出版社の方が中身を確認しているので、ネットの記事よりも品質が高い。テレビはスポンサーの意向があるし、視聴者受けする内 …

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …