メンタル 読書メモ

マーティ・O・レイニー「内向型を強みにする」

投稿日:2022年1月9日 更新日:

内向型に関することが網羅的に書かれている本でした。スーザン・ケインさんの「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」もすごく中身の濃い本でしたが、こちらの本も読みごたえがありました。

外向型と内向型のパートナーの組み合わせ別に対処方法も書かれていますので、実践的です。

心に留めて置きたかったのは、内向型の男性と外向型の女性の組み合わせです。このカップルは極めて深刻な対立を生み出してしまうようです。私の経験からも、内向型の上司と外向型の部下の関係を観察してみてもそう思えます。

また脳科学的な点で驚いたのは、内向型と外向型では脳内を流れる血液の経路が違い、経路を流れる神経伝達物質も違うということです。内向型はアセチルコリンが長い経路を通り、外向型はドーパミンが短い経路を通る。血液の通り道が違うなんて、同じ人間なのに不思議です。これが自律神経の交感神経と副交感神経にも関係しているとしていて、外向型人間の行動を理解しやすくなりました。

著者は心理療法士でもあるので、カウンセリングでの事例も紹介されています。

内向型人間であるがゆえに、人生うまくいっていないと感じてる方には、具体的な対処方法が書かれていますので、ぜひ読まれてはいかがでしょうか。

-メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

堤ゆかり「もう内向型は組織で働かなくてもいい」(世界文化社)

著者の「内向型を直さず活かす」との主張には大賛成です。私自身、外向的にならなきゃと何度も思ったり、無理したりしてきましたが、自分を変える努力をするよりも、自分を活かすことに目を向けた方がよっぽど、自分 …

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …