メンタル 読書メモ

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

投稿日:2022年1月8日 更新日:

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れたりして、一昔前の心理学のイメージでしょうか。

内容としては、他社とのつながりを避ける原因は、幼いころにあるとして、身近にいた親の影響が強いとしています。幼い時に親から十分な愛情を受けていない場合、子供は悲しいので、幼いなりに悲しみを避ける自己防衛の術を身に着けます。その自己防衛術は大人になっても、無意識に他人にもとってしまう。だから他人と深く結び付けないのです。

著者は悲しみは避けるものではなく、向き合うことで人生の満足が得られると主張されています。ネガティブな感情にならないように、自分が絶対に傷つかないようにすれば、幸せになれると思っていましたが、むしろ悲しみと向き合うことこそが後悔しない人生につながる気がしてきました。これからは自分が傷つくことを過度に恐れずに人と接していけそうです。

-メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …

ダニエル・ギルバート「明日の幸せを科学する」(早川書房 2013)

脳って思っているほど、立派な器官ではないんだなと思わされました。 本書では想像の欠点として3つ挙げています。 1. 未来のすべての出来事を想像することはできない。一部しか想像できない。 2. 現在を未 …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …