メンタル 読書メモ

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

投稿日:2022年1月8日 更新日:

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れたりして、一昔前の心理学のイメージでしょうか。

内容としては、他社とのつながりを避ける原因は、幼いころにあるとして、身近にいた親の影響が強いとしています。幼い時に親から十分な愛情を受けていない場合、子供は悲しいので、幼いなりに悲しみを避ける自己防衛の術を身に着けます。その自己防衛術は大人になっても、無意識に他人にもとってしまう。だから他人と深く結び付けないのです。

著者は悲しみは避けるものではなく、向き合うことで人生の満足が得られると主張されています。ネガティブな感情にならないように、自分が絶対に傷つかないようにすれば、幸せになれると思っていましたが、むしろ悲しみと向き合うことこそが後悔しない人生につながる気がしてきました。これからは自分が傷つくことを過度に恐れずに人と接していけそうです。

-メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

島本理生「ファーストラヴ」

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。 父殺しの背景には虐待という問題が …

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。 フローというのは何かに没頭したり夢中になっていた …

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

浅見 陽輔「太りたいのに太れない」人が正しく増量するためのバルクアップ法」

健康的に太りたいなと思って読んでみたのですが、とても参考になりました。 安くておいしい食品には脂質が多く含まれているので、脂質は避け、高タンパク・低脂質、高炭水化物・低脂質の食品を食べると筋肉が増えて …