メンタル 読書メモ

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

投稿日:2022年1月3日 更新日:

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっているという内容でした。

起業すれば毎日職場で人に会わなくてすむ反面、営業のためにそれなりにネット等を駆使して人脈を作っておかなければならないですし、結局、人間社会は、人からは逃れられないことがよく分かりました。

起業すれば会社勤めでは経験することのない不安もでてきますし、そちらの不安の方が強く感じてしまいそうです。お金に余裕があるのなら、チャレンジもしますが、現実的には会社につとめながら、小規模なビジネスをしていくことがいいのかなと思いました。

-メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

鈴木 祐 「ヤバい集中力」(SBクリエイティブ)

古くから人の心は「本能」と「理性」の2つに分けて考えられてきました。行動経済学では「システム1」と「システム2」、脳科学では「前頭前皮質」と「辺縁系」と呼んだりします。本書では、理性が本能をコントロー …

マーティ・O・レイニー「内向型を強みにする」

内向型に関することが網羅的に書かれている本でした。スーザン・ケインさんの「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」もすごく中身の濃い本でしたが、こちらの本も読みごたえがありました。 外向型と内向型の …

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …

フローレンス・ウィリアムズ「NATURE FIX」(NHK出版 2017)

森の中で新鮮な空気を吸ったり、海の波の音を聞いて、気持ちのいい経験をしたことは誰にでもあると思います。本書は、なんとなく自然から影響を受けているなと感じているものを、最新の科学を取材し明らかにしていま …