メンタル 読書メモ

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

投稿日:2022年1月3日 更新日:

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっているという内容でした。

起業すれば毎日職場で人に会わなくてすむ反面、営業のためにそれなりにネット等を駆使して人脈を作っておかなければならないですし、結局、人間社会は、人からは逃れられないことがよく分かりました。

起業すれば会社勤めでは経験することのない不安もでてきますし、そちらの不安の方が強く感じてしまいそうです。お金に余裕があるのなら、チャレンジもしますが、現実的には会社につとめながら、小規模なビジネスをしていくことがいいのかなと思いました。

-メンタル, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

ピーター・ティール・ブレイク・マスターズ、関 美和訳「ゼロ・トゥ・ワン」

副業をしたいなと考えているのですけれど、巷に溢れているものをマネしても、時間がかかる割には、得るものがないのではないかと考え、こちらの本を読んでゼロからイチを作れればと思い手にしてみました。 著者のピ …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …