ビジネス 読書メモ

ピーター・ティール・ブレイク・マスターズ、関 美和訳「ゼロ・トゥ・ワン」

投稿日:2022年1月2日 更新日:

副業をしたいなと考えているのですけれど、巷に溢れているものをマネしても、時間がかかる割には、得るものがないのではないかと考え、こちらの本を読んでゼロからイチを作れればと思い手にしてみました。

著者のピーター・ティールはIT業界で成功した人みたいで、恥ずかしながらそのお名前をはじめて知りました。内容はIT業界の最先端を行っている人が書いたビジネス書で、私が欲しい情報とは違かったのですが、それはそれで参考になりました。

例えば太陽電池産業では、政府が補助金も出すし、これからは環境ビジネスでマーケットが拡大すると誰もが口にし、大勢の企業が進出しましたが、失敗して撤退しました。マーケットが拡大するところまでは正しいのですが、それからどうするのかを具体的に考えていない。だから失敗する。以下の7つについてしっかり考えられれば成功できるとしています。

1.エンジニアリング、2,タイミング、3.独占、4.人材、5.販売、6.永続性、7.隠れた真実

それぞれ一つ一つの中身は深くて、答えを出すことは簡単ではありません。しかしそこを考え抜かないと成功はできないのです。

スタンフォード大学で勉強して、ビジネスでも成功している秀才の頭の中を拝見できて、凡人の私はただただ感心するばかりです。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …