ビジネス 読書メモ

ピーター・ティール・ブレイク・マスターズ、関 美和訳「ゼロ・トゥ・ワン」

投稿日:2022年1月2日 更新日:

副業をしたいなと考えているのですけれど、巷に溢れているものをマネしても、時間がかかる割には、得るものがないのではないかと考え、こちらの本を読んでゼロからイチを作れればと思い手にしてみました。

著者のピーター・ティールはIT業界で成功した人みたいで、恥ずかしながらそのお名前をはじめて知りました。内容はIT業界の最先端を行っている人が書いたビジネス書で、私が欲しい情報とは違かったのですが、それはそれで参考になりました。

例えば太陽電池産業では、政府が補助金も出すし、これからは環境ビジネスでマーケットが拡大すると誰もが口にし、大勢の企業が進出しましたが、失敗して撤退しました。マーケットが拡大するところまでは正しいのですが、それからどうするのかを具体的に考えていない。だから失敗する。以下の7つについてしっかり考えられれば成功できるとしています。

1.エンジニアリング、2,タイミング、3.独占、4.人材、5.販売、6.永続性、7.隠れた真実

それぞれ一つ一つの中身は深くて、答えを出すことは簡単ではありません。しかしそこを考え抜かないと成功はできないのです。

スタンフォード大学で勉強して、ビジネスでも成功している秀才の頭の中を拝見できて、凡人の私はただただ感心するばかりです。

-ビジネス, 読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

野々木宏・福井次矢「狭心症・心筋梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)」(法研)

狭心症・心筋梗塞についての基礎知識を学べました。家族が心筋梗塞で倒れた方は、心筋梗塞がどのような病気かよく理解できると思います。 巻末に全国の循環器系の病院のリストがついているのは、よかったですが、一 …

アレクサンドル・デュマ「三銃士」

180年も前に書かれた外国の小説なのに、今読んでも面白くて仕方がありません。不朽の名作です。 流行りのドラマ・マンガ・映画に見飽きた人は、たまには古典作品に親しむのもいいのではないでしょうか。 舞台は …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文藝春秋 2018)

本の表紙からしてヨーロッパ中世の記帳の仕方について書かれたものとばかり思ってましたが、違いました。過去から現代に続く帳簿の歴史が書かれています。 歴史を通してみると、記帳をおろそかにした組織(政府・会 …

勝間和代「勝間式 金持ちになる読書法」

分かりやすくて面白くてどんどん読み進められました。 内容としましては、本というのは、出版社の方が中身を確認しているので、ネットの記事よりも品質が高い。テレビはスポンサーの意向があるし、視聴者受けする内 …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …