読書メモ

勝間和代「勝間式 金持ちになる読書法」

投稿日:

分かりやすくて面白くてどんどん読み進められました。

内容としましては、本というのは、出版社の方が中身を確認しているので、ネットの記事よりも品質が高い。テレビはスポンサーの意向があるし、視聴者受けする内容に隔たりがち。情報を効率的に入手するには本以上の媒体はない。品質に続いて量の大切さも説いてます。できれば年間数百冊は読んで欲しいと。そのためには読むだけではなくて、本をkindleで読み上げさせて聞く方法も紹介されています。

「受動意識仮説」も面白かった。普段、自分の意識でモノゴトを決めていると思いがちだが、実は無意識が決めているのかもということ。人間の行動はまず感情が働き、そのあとに理屈で感情を正当化しがちなので、無意識が感情を働かせていると考えると説得力がある。ながらで大量の本を聞き続けていても、よく理解していないなら意味ないのではという意見もあるが、無意識に刷り込まれていると考えれば、ながら読書聞きも効果はある。

あとは目的意識をもって読書することが重要。読む前になぜその本を読むのかはっきりさせておくべき。これはメンタリストDaiGoのさんのおススメする「探し読み」と共通するな。

それと行動も大事。読みっぱなしでも無意識に本の内容が蓄積されていくとは思うが、本を読んで行動を変えたときこそ、本を読んだ価値があったというもの。

今までYouTube見てた時間は、本を聞く時間に当てます。月間10冊の読書量を目指します。本を読む前は、その本を読む目的をノートにメモしてから読み始めます。

これで人生変わったら、本とは安いものだな。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

天野篤「最新 よくわかる心臓病」(誠文堂新光社)

父が心筋梗塞で倒れたため、病気について知るため急遽購入した。心筋梗塞、狭心症はもちろん不整脈の説明もあって分かりやすかった。入院期間、費用の目安までかかれており、参考になりました。 著者は、上皇陛下の …

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

ダニエル・ギルバート「明日の幸せを科学する」(早川書房 2013)

脳って思っているほど、立派な器官ではないんだなと思わされました。 本書では想像の欠点として3つ挙げています。 1. 未来のすべての出来事を想像することはできない。一部しか想像できない。 2. 現在を未 …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …