読書メモ

アレクサンドル・デュマ「三銃士」

投稿日:

180年も前に書かれた外国の小説なのに、今読んでも面白くて仕方がありません。不朽の名作です。

流行りのドラマ・マンガ・映画に見飽きた人は、たまには古典作品に親しむのもいいのではないでしょうか。

舞台は1600年中ごろのフランスで、ルイ13世が治めています。実権は枢機卿が握っていて、そこにイギリスのバッキンガム伯爵が、王妃に恋をしていたりして、歴史を素材に面白おかしく、話が展開します。

やんちゃな主人公ダルタニャンに、友の三銃士、冷静なアトス、ハンサムなポルトス、信仰に篤いアラミスと登場人物も個性的です。

初めの方は、当時の衣装とか馬車とかの用語がよく分からず、読むのが億劫でしたが最初だけで、登場人物のイメージが出来上がると、生き生きと人物たちが躍動していきました。

「三銃士」には続きがあるそうなので、次の作品も読んで見たいと思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …