読書メモ

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

投稿日:

家族について考えさせられるいい本でした。

弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。

この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を起こしたら、家族内で解決しなければならないものといった考えを持っていることに気づかされました。これはもう世間から刷り込まれたものですね。子供が成人したら親は子供から解放され、子供も親を頼れない、アメリカのような世の中に、日本も少しずつ変わっていったらいいと思いました。

他にもLGBTの問題も扱ってますし、家族に関する問題が網羅的に書かれていますので、関心のある方はぜひ読んで見てはいかがでしょうか。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

船山信次「毒と薬の世界史」(中公新書 2008)

毒と薬についての歴史が断片的に書かれています。個々の歴史をつなげられるともっと面白かったと思います。著者は歴史の専門家ではないため、そこまでは求められません。 驚いたのは抗生物質(ペニシリン)が発見さ …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文春文庫、2018)

財務会計の大切さがよく分かる本でした。帳簿がいいかげんな組織はいずれ破綻します。メディチ家でもルイ14世以降のフランスでもエンロンも、帳簿を無視した経営をし始めると大変なしっぺ返しを食らわされるのです …

週刊東洋経済編集部「船・港 海の経済学」(東洋経済新報社)

海運の情勢についてまとめられているいい本でした。 海運って景気悪い印象がありますけれど、なんでかなとずっと思っていたんです。それは中国がWTOに加盟して輸送量が増えたので、船を発注して造ったところ、供 …

ジョンJ.レイティ・エリック・ヘイガーマン「脳を鍛えるには運動しかない!」(NHK出版)

健康を維持するには運動した方がいいと誰でもわかっています。健康診断の問診票にも、1日30分の運動を週3回以上してますかと、書いてあったりする。けれどもなかなか運動を習慣化できない人が多いと思います。 …