読書メモ

内田 貴「民法改正」

投稿日:

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本の民法についても触れられていて、法律のことをまったく知らない私でも、民法に関わるさまざまな問題について理解することができました。

改正後の民法の内容について知りたくて読み始めたのですが、改正作業中に書かれてますので、正直、失敗したかなと思いましたが、著者が民法について分かりやすく説明してくれるため、基礎力がない私には、いい読み物となりました。

著者は元東大法学部教授で民法の世界では有名な方だそうです。

とにかくこれでこそ一流の学者だと思わせる、初心者にも理解できるほどの分かりやすい説明に魅了されました。著者の他の本も読みたくなりました。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

野々木宏・福井次矢「狭心症・心筋梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)」(法研)

狭心症・心筋梗塞についての基礎知識を学べました。家族が心筋梗塞で倒れた方は、心筋梗塞がどのような病気かよく理解できると思います。 巻末に全国の循環器系の病院のリストがついているのは、よかったですが、一 …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。 まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪 …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。 学びの技法については、メンタリス …