読書メモ

内田 貴「民法改正」

投稿日:

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本の民法についても触れられていて、法律のことをまったく知らない私でも、民法に関わるさまざまな問題について理解することができました。

改正後の民法の内容について知りたくて読み始めたのですが、改正作業中に書かれてますので、正直、失敗したかなと思いましたが、著者が民法について分かりやすく説明してくれるため、基礎力がない私には、いい読み物となりました。

著者は元東大法学部教授で民法の世界では有名な方だそうです。

とにかくこれでこそ一流の学者だと思わせる、初心者にも理解できるほどの分かりやすい説明に魅了されました。著者の他の本も読みたくなりました。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。 まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪 …