読書メモ

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

投稿日:

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。

フローというのは何かに没頭したり夢中になっていたりしている時の状態です。小説を読んでいて、気づいたら日が暮れていたといった体験です。読書に限らずスポーツでも趣味でもさまざまな場面で経験することがあると思います。

受け身的な私は、何かに熱中して人生を送っている人にあこがれを抱いておりまして、どうしたらフローの状態になれるのか知りたくて、他にも著者の本はありましたが、入門者向けの本書を手に取りました。

フローの要件は3つあって、①明確な目標、②迅速なフィードバック、③スキルとチャレンジの適度なバランスです。たったの3つでいいので自分にもできそうです。

自分探しをしている人は、自分は何が好きなんだろうと自問自答すると思いますが、フローに入るには何でもよくて、何をやるかではなくどのようにやるかが重要なのです。仕事ならやらなければならないことを嫌々やるのではなくて、フローの3つの要件を意識して、集中していく。もっと速くできないか、もっと効率化できないかと、目標を設定して、自分にあうレベルで改善していくと、仕事が充実していきます。

翻訳は主に松下電器産業出身の方が集まってされております。読みづらさは翻訳家でない方が訳されているからだと思われますが、索引がついており、参考になりました。

フロー自体は幸福とは違いますが、フロー体験が増えるほど、人生の質が上がると著者は言っております。年齢は関係ありません。ご興味のある方はぜひ読まれる

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。 まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪 …

イルセ・サン「心がつながるのが怖い」

デンマークの心理セラピストが書かれた本です。私が読みがちな心理学系の本は、人を集めて実験してデータを示しますが、この方はクライアントと対話した経験から本を書かれています。キルケゴールとかユングに触れた …

島本理生「ファーストラヴ」

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。 父殺しの背景には虐待という問題が …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …