読書メモ

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

投稿日:

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。

フローというのは何かに没頭したり夢中になっていたりしている時の状態です。小説を読んでいて、気づいたら日が暮れていたといった体験です。読書に限らずスポーツでも趣味でもさまざまな場面で経験することがあると思います。

受け身的な私は、何かに熱中して人生を送っている人にあこがれを抱いておりまして、どうしたらフローの状態になれるのか知りたくて、他にも著者の本はありましたが、入門者向けの本書を手に取りました。

フローの要件は3つあって、①明確な目標、②迅速なフィードバック、③スキルとチャレンジの適度なバランスです。たったの3つでいいので自分にもできそうです。

自分探しをしている人は、自分は何が好きなんだろうと自問自答すると思いますが、フローに入るには何でもよくて、何をやるかではなくどのようにやるかが重要なのです。仕事ならやらなければならないことを嫌々やるのではなくて、フローの3つの要件を意識して、集中していく。もっと速くできないか、もっと効率化できないかと、目標を設定して、自分にあうレベルで改善していくと、仕事が充実していきます。

翻訳は主に松下電器産業出身の方が集まってされております。読みづらさは翻訳家でない方が訳されているからだと思われますが、索引がついており、参考になりました。

フロー自体は幸福とは違いますが、フロー体験が増えるほど、人生の質が上がると著者は言っております。年齢は関係ありません。ご興味のある方はぜひ読まれる

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …

金井高志「民法でみる商法・会社法」(日本評論社)

商法についておおまかなことを知りたいと思って、kindleで探してみたのですが、なかなか入門書的なものがなくて、仕方なくこの本を手にしてみました(基本kindleでしか本を買わない)。 法律を学んでい …

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …

浅見 陽輔「太りたいのに太れない」人が正しく増量するためのバルクアップ法」

健康的に太りたいなと思って読んでみたのですが、とても参考になりました。 安くておいしい食品には脂質が多く含まれているので、脂質は避け、高タンパク・低脂質、高炭水化物・低脂質の食品を食べると筋肉が増えて …