読書メモ

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

投稿日:

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返していくんだ、日本の将来はないと考えてしまう。本書はそんな罠にはまらぬよう、警鐘を鳴らすものである。

そもそも本書を手に取ったきっかけは、堀江貴文さんと著者が対談を行っているときに、国の借金の内、半分は日銀から借りているので、問題ないと発言していたので、気になって、きちんと理解したかったからだ。読んで見ると、政府が日銀に払う支払利息は、日銀納付金となって政府に戻ってくるし、元本の返済時には、同額を借り換えて永遠に借り換え続ければ問題ないようだ。CDSと呼ばれる、債券に対する保険のようなものの利率が、先進国と変わらないことからも、破綻の恐れはない。

無知であるから、マスコミの情報をよく分からず受け取って、不安になっていたわけだが、もはや情報を疑う姿勢を持ち、根拠を調べ、自分の頭で考えないと、毎日のニュースをぼけっと見ていても時間の無駄な気がしてきた。

そんな私のようなもののために、本書では世界銀行等のホームページからのデータのとり方、散布図を使った相関関係の調べ方も紹介してあり参考になった。

著者は東大理学部数学科卒業、元財務官僚です。データを根拠に話をされるので、説得力があります。日本の財政についてご興味がある方はぜひお読みになって見てください。文章は平易です。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …

no image

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりまし …

武田友紀「「繊細さん」の本」

HSP(繊細な人)に元気になってもらえるよう書かれた本です。アドバイスが具体的なので、自分に合ったものからすぐに試して実行できるでしょう。 著者はHSPカウンセラーで自身もHSPでいらっしゃいます。自 …

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …