読書メモ

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

投稿日:

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返していくんだ、日本の将来はないと考えてしまう。本書はそんな罠にはまらぬよう、警鐘を鳴らすものである。

そもそも本書を手に取ったきっかけは、堀江貴文さんと著者が対談を行っているときに、国の借金の内、半分は日銀から借りているので、問題ないと発言していたので、気になって、きちんと理解したかったからだ。読んで見ると、政府が日銀に払う支払利息は、日銀納付金となって政府に戻ってくるし、元本の返済時には、同額を借り換えて永遠に借り換え続ければ問題ないようだ。CDSと呼ばれる、債券に対する保険のようなものの利率が、先進国と変わらないことからも、破綻の恐れはない。

無知であるから、マスコミの情報をよく分からず受け取って、不安になっていたわけだが、もはや情報を疑う姿勢を持ち、根拠を調べ、自分の頭で考えないと、毎日のニュースをぼけっと見ていても時間の無駄な気がしてきた。

そんな私のようなもののために、本書では世界銀行等のホームページからのデータのとり方、散布図を使った相関関係の調べ方も紹介してあり参考になった。

著者は東大理学部数学科卒業、元財務官僚です。データを根拠に話をされるので、説得力があります。日本の財政についてご興味がある方はぜひお読みになって見てください。文章は平易です。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アレクサンドル・デュマ「三銃士」

180年も前に書かれた外国の小説なのに、今読んでも面白くて仕方がありません。不朽の名作です。 流行りのドラマ・マンガ・映画に見飽きた人は、たまには古典作品に親しむのもいいのではないでしょうか。 舞台は …

橘 慶太「ぶっちゃけ相続」(ダイヤモンド社)

先月、父が心筋梗塞で倒れました。幸いにも救急車を呼ぶのが早かったため、一命をとりとめました。今は退院し元気でいます。突然のことだったので、正直驚きました。母が動揺し、父が亡くなったときのことを全く考え …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

ジェイコブ・ソール「帳簿の世界史」(文春文庫、2018)

財務会計の大切さがよく分かる本でした。帳簿がいいかげんな組織はいずれ破綻します。メディチ家でもルイ14世以降のフランスでもエンロンも、帳簿を無視した経営をし始めると大変なしっぺ返しを食らわされるのです …

浅見 陽輔「太りたいのに太れない」人が正しく増量するためのバルクアップ法」

健康的に太りたいなと思って読んでみたのですが、とても参考になりました。 安くておいしい食品には脂質が多く含まれているので、脂質は避け、高タンパク・低脂質、高炭水化物・低脂質の食品を食べると筋肉が増えて …