読書メモ

メンタリストDaiGo「悩む力」

投稿日:

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践できます。

普段、特に意識はしませんが、人間だれしも偏った考え方をしてしまいがちです。何年たっても同じ問題に悩まされ続けている人にとっては、本書に書かれたことを実践すれば、自分の思考のくせに気づき、問題解決への糸口を見つけることができるでしょう。

例えば本書で紹介される弁証法があります。ものごとのメリットをテーゼとし、デメリットをアンチテーゼとした上で、新しい解決策であるジンテーゼを考えるというものです。普通はメリットの面を生かす方法を考えがちですが、メリットを生かしつつもデメリットを解消する新たなアイデアを考えていくのです。

著者は、言わずと知れたメンタリスト。作家、ニコ生主、YouTuber。科学を根拠にさまざまな問題の対処法を分かりやすく解説している方です。

悩みの大小にかかわらず、本書で紹介される思考力を身に着ければ、きっとよりよい人生になることと思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …

山口真由「「ふつうの家族」にさようなら」

家族について考えさせられるいい本でした。 弁護士である著者は、アメリカと比較しながら、法的な視点と自らの体験に基づいて家族について考えていきます。 この本を読んでいて、自分の中に、成人した家族が問題を …