読書メモ

メンタリストDaiGo「悩む力」

投稿日:

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践できます。

普段、特に意識はしませんが、人間だれしも偏った考え方をしてしまいがちです。何年たっても同じ問題に悩まされ続けている人にとっては、本書に書かれたことを実践すれば、自分の思考のくせに気づき、問題解決への糸口を見つけることができるでしょう。

例えば本書で紹介される弁証法があります。ものごとのメリットをテーゼとし、デメリットをアンチテーゼとした上で、新しい解決策であるジンテーゼを考えるというものです。普通はメリットの面を生かす方法を考えがちですが、メリットを生かしつつもデメリットを解消する新たなアイデアを考えていくのです。

著者は、言わずと知れたメンタリスト。作家、ニコ生主、YouTuber。科学を根拠にさまざまな問題の対処法を分かりやすく解説している方です。

悩みの大小にかかわらず、本書で紹介される思考力を身に着ければ、きっとよりよい人生になることと思います。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …

マーティ・O・レイニー「内向型を強みにする」

内向型に関することが網羅的に書かれている本でした。スーザン・ケインさんの「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」もすごく中身の濃い本でしたが、こちらの本も読みごたえがありました。 外向型と内向型の …

大前研一「稼ぎ続ける力」

大前研一さんの本をはじめて読みました。政治とか経済を批判するだけではなくて、対案をきちんと書いている所に好感が持てました。ただ著者は家でゴロゴロして犬の散歩するのが好きな人を否定していて、「生ける屍」 …

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …