読書メモ

島本理生「ファーストラヴ」

投稿日:

犯人捜しの推理小説ではないのですけれど、女子大生が父親を殺した動機を探っていくという構成で、謎解きをしていく面白さがあり、一度も飽きることなく最後まで読み切りました。

父殺しの背景には虐待という問題が絡んでいるので、苦手な方は読むのを控えた方がよさそうです。

主人公は臨床心理士で女子大生の容疑者やその関係者と対話する中で、虚言癖のある女子大生の心理を探っていくのですが、彼女の話す言葉が本当かウソか表情をよく観察していて、冷静で知的で、主人公のような臨床心理士が一般的かは分かりませんが、カウンセリング中は穏やかな雰囲気づくりをしつつも、相手の言った言葉を記憶し整理し解釈するので集中力を要しますし、大変な仕事だとよく分かりました。

この本では虐待の問題を扱っていますが、両親の子供に対する無関心さも取り上げられています。私の以前の職場がひどく無関心な職場でしたので、子供にそれを強いたらつらいだろうし、人間をおかしな方向へ向かわせてしまうように感じました。

心理的なものが中心ですので、女性が読んでも面白いと思いますし、男性でも女性が普段感じていることを知れるので新鮮です。映画化もされるほどですので、ご興味のある方はぜひ読んで見てください!

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

ハイディ・グラント「人に頼む技術」(徳間書店)

人に頼まれることが苦手ですけれど、人に頼むことはもっと苦手です。ですので、部下に指示をすることすらできません。いつかどこかで使えることがあるかもしれないと、本書を手にしてみました。 印象に残ったのは、 …

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。 学びの技法については、メンタリス …

金井高志「民法でみる商法・会社法」(日本評論社)

商法についておおまかなことを知りたいと思って、kindleで探してみたのですが、なかなか入門書的なものがなくて、仕方なくこの本を手にしてみました(基本kindleでしか本を買わない)。 法律を学んでい …