読書メモ

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

投稿日:

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。

まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪均衡してる人)の3つの類型に分けています。この中で一番成功しない人は誰か? ギバーとしています。それでは一番成功する人は? 誰だと思いますか? テイカーでしょうかマッチャーでしょうか? 正解はギバーなんです。成功するギバーもいるし、失敗するギバーもいる。その違いは何か? そこが最も私の知りたかったことです。

失敗するギバーはテイカーにつかまります。ギバーは他者志向なので、相手から奪うことしかしないテイカーのために与え続けてしまい、与えることに何も喜びを感じられず、消耗してしまいます。一方成功するギバーはテイカーに対しては、マッチャーに変身します。相手がテイカーであることを見極めると、相手に与え続けたりはしないのです。

なるほど。確かに私は相手がテイカーか見極めるようなことをしていないから仕事で消耗しきっていました。

著者は組織心理学者です。様々な職業での成功例が紹介されますが、仕事以外でも誰に対しても、与えることの有効性が分かります。

つい人が良くて、相手に尽くしすぎてしまう人、自己犠牲を払ってまで相手のために頑張ってしまう人にぜひ読んでもらいたいです!

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大前研一「稼ぎ続ける力」

大前研一さんの本をはじめて読みました。政治とか経済を批判するだけではなくて、対案をきちんと書いている所に好感が持てました。ただ著者は家でゴロゴロして犬の散歩するのが好きな人を否定していて、「生ける屍」 …

スーザン・ケイン「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」

この本を読んで本当によかったです。外向的に生きなければならないんだろうなと漠然と感じていましたが、内向型のままで自分らしい人生を送ってもいいんだと思えました。 また見た目は分かりませんが、内向型の人は …

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …