読書メモ

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

投稿日:

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。

まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪均衡してる人)の3つの類型に分けています。この中で一番成功しない人は誰か? ギバーとしています。それでは一番成功する人は? 誰だと思いますか? テイカーでしょうかマッチャーでしょうか? 正解はギバーなんです。成功するギバーもいるし、失敗するギバーもいる。その違いは何か? そこが最も私の知りたかったことです。

失敗するギバーはテイカーにつかまります。ギバーは他者志向なので、相手から奪うことしかしないテイカーのために与え続けてしまい、与えることに何も喜びを感じられず、消耗してしまいます。一方成功するギバーはテイカーに対しては、マッチャーに変身します。相手がテイカーであることを見極めると、相手に与え続けたりはしないのです。

なるほど。確かに私は相手がテイカーか見極めるようなことをしていないから仕事で消耗しきっていました。

著者は組織心理学者です。様々な職業での成功例が紹介されますが、仕事以外でも誰に対しても、与えることの有効性が分かります。

つい人が良くて、相手に尽くしすぎてしまう人、自己犠牲を払ってまで相手のために頑張ってしまう人にぜひ読んでもらいたいです!

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【読書メモ】中野信子「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 」(幻冬舎新書)

快楽とは、ヒトが目的を達成するための妨げになるものではなく、給料や昇進という報酬がなかった原始時代から、ヒトの脳が用意した「頑張っている自分へのご褒美」なのです。位置No.31 脳内の快感は、食欲や性 …

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …

no image

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

歴史小説なのでちょっと固めです。 普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。 本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴 …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

no image

大島 真寿美「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」

言葉が口語でサラサラ流れているので、非常に読みやすい作品でした。 江戸時代の人形浄瑠璃の作者、近松半二が主人公なので、浄瑠璃・歌舞伎などの伝統芸能に興味を持っている人、創作活動を行っている人におすすめ …