読書メモ

アダム・グラント「GIVE & TAKE」

投稿日:

働きすぎで消耗しきった苦い経験があり、与えることに疑問を感じていたので、本書はそこをどう考えるのか確認したくて手に取りました。

まず本書では人をギバー(与える人)、テイカー(奪う人)、マッチャー(与奪均衡してる人)の3つの類型に分けています。この中で一番成功しない人は誰か? ギバーとしています。それでは一番成功する人は? 誰だと思いますか? テイカーでしょうかマッチャーでしょうか? 正解はギバーなんです。成功するギバーもいるし、失敗するギバーもいる。その違いは何か? そこが最も私の知りたかったことです。

失敗するギバーはテイカーにつかまります。ギバーは他者志向なので、相手から奪うことしかしないテイカーのために与え続けてしまい、与えることに何も喜びを感じられず、消耗してしまいます。一方成功するギバーはテイカーに対しては、マッチャーに変身します。相手がテイカーであることを見極めると、相手に与え続けたりはしないのです。

なるほど。確かに私は相手がテイカーか見極めるようなことをしていないから仕事で消耗しきっていました。

著者は組織心理学者です。様々な職業での成功例が紹介されますが、仕事以外でも誰に対しても、与えることの有効性が分かります。

つい人が良くて、相手に尽くしすぎてしまう人、自己犠牲を払ってまで相手のために頑張ってしまう人にぜひ読んでもらいたいです!

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

no image

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者 …

伊藤真「伊藤真の民法入門」

民法の大事な部分が分かりやすく読みやすく書かれています。 これから試験勉強するわけではないのですが、民法の普通のテキストから読まなくて正解でした。細かいところがたくさんありきっと嫌になっていたと思いま …

Ryu「太る技術」

「1日3食のごはんの量を増やすこと」と「夕食後に体重を測ること」。これだけで太れますという内容の本でした。せめて体重とカロリーには関係があるので、ごはんの量を増やせば太りますと書いてほしかった。 Ki …

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …