読書メモ

サン・テグジュペリ「星の王子様」

投稿日:

落ち込んだ時にこの本を読むという人の話を聞いて、いつか読もうと思っていながら、ずっと手にしなかったこの本をとうとう読みました。

挿絵がかわいいし、子供も読める内容ですが、大人に向かって書いていると感じました。

物語は、小さな星に住む男の子の星のことから始まり、星を出て、王様が住む星、大物気取りが住む星、酒びたりの男が住む星、実業家の星、ガス灯1本と点灯人がいる星、地理学者が住む星、そして地球に来てからの話になっています。

特に印象に残っているのは、男の子が住んでいた星に咲いた花のことです。花は嘘ついたりするので嫌になって星を出るわけですが、その嘘の中にも愛情があることに気づくところです。花とは女性の比喩だと思うのですが、しゃべることを真に受けてはいけない、もっと深い部分に気づいてあげなければならないんだというところに、私もそうあれればいいなぁと思いました。

読んでいていろいろと気づかされます。時間に追われている人、大事なことを見失いかけている人にぜひ読んでもらいたいです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …

大前研一「稼ぎ続ける力」

大前研一さんの本をはじめて読みました。政治とか経済を批判するだけではなくて、対案をきちんと書いている所に好感が持てました。ただ著者は家でゴロゴロして犬の散歩するのが好きな人を否定していて、「生ける屍」 …

no image

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者 …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …