読書メモ

サン・テグジュペリ「星の王子様」

投稿日:

落ち込んだ時にこの本を読むという人の話を聞いて、いつか読もうと思っていながら、ずっと手にしなかったこの本をとうとう読みました。

挿絵がかわいいし、子供も読める内容ですが、大人に向かって書いていると感じました。

物語は、小さな星に住む男の子の星のことから始まり、星を出て、王様が住む星、大物気取りが住む星、酒びたりの男が住む星、実業家の星、ガス灯1本と点灯人がいる星、地理学者が住む星、そして地球に来てからの話になっています。

特に印象に残っているのは、男の子が住んでいた星に咲いた花のことです。花は嘘ついたりするので嫌になって星を出るわけですが、その嘘の中にも愛情があることに気づくところです。花とは女性の比喩だと思うのですが、しゃべることを真に受けてはいけない、もっと深い部分に気づいてあげなければならないんだというところに、私もそうあれればいいなぁと思いました。

読んでいていろいろと気づかされます。時間に追われている人、大事なことを見失いかけている人にぜひ読んでもらいたいです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …

田中靖浩「会計の世界史」(日本経済新聞出版)

なかなか骨太な内容で、絵画や音楽などのテーマを絡めながら読みやすくしてあり、しかも勉強になるためになる一冊でした。 簿記処理の定番である減価償却のところなんか、鉄道会社が蒸気機関車への投資額が一気に費 …

大前研一「日本の論点 2022~23」

日本を再び成長させるための提言を書かれているのですが、提言通りの政策を行ったら、選挙に行く多くの高齢者は、自分たちが切り捨てられる不安を覚えると思います。民主主義をやめない限り、このまま日本は衰退して …

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。 フローというのは何かに没頭したり夢中になっていた …

桂「結婚するのはやめました」

事実だけをきくと暗い印象になるところ、著者の明るさがそれを打ち消していて、読後感がよかったです。 婚活パーティーや結婚相談所で8年間を費やし、晴れて成婚退会までできたものの、結局は結婚しないことを決意 …