読書メモ

サン・テグジュペリ「星の王子様」

投稿日:

落ち込んだ時にこの本を読むという人の話を聞いて、いつか読もうと思っていながら、ずっと手にしなかったこの本をとうとう読みました。

挿絵がかわいいし、子供も読める内容ですが、大人に向かって書いていると感じました。

物語は、小さな星に住む男の子の星のことから始まり、星を出て、王様が住む星、大物気取りが住む星、酒びたりの男が住む星、実業家の星、ガス灯1本と点灯人がいる星、地理学者が住む星、そして地球に来てからの話になっています。

特に印象に残っているのは、男の子が住んでいた星に咲いた花のことです。花は嘘ついたりするので嫌になって星を出るわけですが、その嘘の中にも愛情があることに気づくところです。花とは女性の比喩だと思うのですが、しゃべることを真に受けてはいけない、もっと深い部分に気づいてあげなければならないんだというところに、私もそうあれればいいなぁと思いました。

読んでいていろいろと気づかされます。時間に追われている人、大事なことを見失いかけている人にぜひ読んでもらいたいです。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アレクサンドル・デュマ「三銃士」

180年も前に書かれた外国の小説なのに、今読んでも面白くて仕方がありません。不朽の名作です。 流行りのドラマ・マンガ・映画に見飽きた人は、たまには古典作品に親しむのもいいのではないでしょうか。 舞台は …

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

no image

成毛眞「黄金のアウトプット術」

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあ …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …